ダンデライオン・チョコレートのこだわりとは - チョコレートの製法、楽しみ方をご紹介 -

贈り物やギフト選び、SNSなどをきっかけに、ダンデライオン・チョコレートを知ってくださった方も多いかと思います。

今回は、初めてダンデライオン・チョコレートのチョコレートに出会った方に向けて、私たちのブランドやこだわり、楽しみ方について、簡単にご紹介したいと思います。

ダンデライオン・チョコレートとは

ダンデライオン・チョコレートの発祥はアメリカ・サンフランシスコ。友人のガレージでチョコレートを一から作り始めたトッドとキャメロンが、試作を重ねて一番おいしいと思ったのが「カカオ豆と砂糖だけでつくったシンプルなチョコレート」でした。

 

【関連記事】
なぜダンデライオン・チョコレートを日本に?“オタク感”あふれるチョコレートづくりと空気感を徹底再現

ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら

チョコレートってどうやってつくられているの?

ところで、みなさんはチョコレートがどのようにできてきるか、ご存知でしょうか?多くの方はチョコレートファウンテンのように流れる液体のチョコレートを想像したり、原材料がカカオであることは知っていたりしても、実際どのようにして作られているかまで把握している方は少ないかもしれません。よく「最近の子どもは骨のない魚の切り身しか食べないから本物を知らない」なんて言ったりもしますが、チョコレートはどうでしょう?こんなに身近な食べ物なのに、大人でも知らないことかもしれません。

では、チョコレートをカカオ豆から作っている工場を目の前で見ることができて、その出来立てのチョコレートを使用したドリンクやペストリーをその場で食べられるとしたら、とてもワクワクしませんか?

そんな想いでできたのが、オープンファクトリーを備えた「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」です。お店のドアを開けるとカカオの香りとチョコレートの機械音、楽しそうにチョコレートを作る製造スタッフが目の前に飛び込んできます。まさに、チョコレート工場に迷い込んだような異空間を体験できるのです。

 

Bean to Bar チョコレートができるまで

ダンデライオン・チョコレートのチョコレートを楽しむ

すべてのカカオ農園を訪れて入手するこだわりのカカオ豆と、オーガニックのきび砂糖だけでつくるチョコレートからは、シンプルだからこそ感じられる、その農園独特の味わいを知ることができます。

もし、ダンデライオン・チョコレートで初めて召し上がった商品がガトーショコラなどのペストリーなら次はチョコレートバー(板チョコレート)を、チョコレートバーが初めての商品だったなら次回はペストリーを、ぜひお試しください。

 

【関連記事】
ダンデライオン・チョコレートのお気に入り商品ランキング2021
どれが好き?ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーとは

 

チョコレートバー各種

シングルオリジンカカオ豆とオーガニックのケインシュガー(きび砂糖)の2種類だけで作られたチョコレートバー。個性豊かなシングルオリジンのカカオ豆は、私たちが開発した独自の焙煎を行うことで、それぞれの豆が持っている独特のフレーバーやニュアンスを引き出しています。

チョコレートは奥深い

チョコレートは私たちにとってとても身近なお菓子ですが、実はさまざまな側面からも興味をそそられるもの。味わいの面はもちろん、健康面や環境保全の面から見ても、とても奥深く、小学生の自由研究にも人気の題材だったりします。一枚のチョコレートのなかには、たくさんのストーリーが含まれているのです。

 

【関連記事】
ヒトの味覚とテイスティング〜チョコレートの味わいは人それぞれ〜
チョコレートは体にいい?期待できる効能と適切な摂取量
サステナブルなカカオビジネス:ソルサル・カカオの取り組み



ぜひ、ダンデライオン・チョコレートのお店に実際にお越しいただいたり、ブログをご覧いただいたり、「チョコレート」という身近なお菓子に興味を持っていただけると嬉しいです。

 

チョコレートの感想など、SNSの投稿やメールなどを通じてお寄せください。みなさまとおいしいチョコレート体験を共有できるのを楽しみにしております!

ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら

前の記事 次の記事