どれが好き?ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーとは

ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーは、カカオ豆の選別からチョコレートバーになるまでの製造をひとつのファクトリーで行う、「Bean to Bar」と呼ばれる製造方法で作っています。
1種類のカカオの産地からなる「シングルオリジン」(単一品種)で、原材料はカカオ豆ときび砂糖のみというシンプルさが特徴です。

ダンデライオン・チョコレートでは現在11種類のチョコレートバーを販売しており、それぞれ特徴が大きく異なります。フレーバーの傾向を大きく4つに分類(①リッチ&クラシック ②シンプル&チャーミング ③ユニーク&サプライズ ④ハイカカオ&ビター)してご案内していますので、どれをチョイスすればいいか迷っている人に、それぞれの味わいについて詳しくご紹介しましょう。
また、「酸味」「苦味」といったチョコレートバーの説明で登場する風味が、実際どのようなものなのかについても解説します。

 

ワンプゥ, ホンジュラス 70%

フレーバーイメージ:①リッチ&クラシック

・初めて購入される方におすすめ
・酸味なし
・コクあり
・クリーミー

モスキーティア地方にあるリオ・プラタノ生物圏保護区で2018年に収穫されたカカオ豆を使用。焼き栗のような香ばしさや、ミルクキャラメルのようなやわらかい甘さがあって食べやすいチョコレートバーです。

癖や酸味が抑えられたスタンダードな風味なので、ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーを初めて購入される方や、お子さまにもおすすめ。家族のおやつタイムに気軽に取り入れられる一枚です。

マヤ・マウンテン, ベリーズ 70%

フレーバーイメージ:②シンプル&チャーミング

・初めて購入される方におすすめ
・苺のようなフルーティー感
・チーズケーキのような乳酸味
・後味さっぱり

中央アメリカの北東部にある国、ベリーズで2017年に収穫されたカカオ豆を使用。カカオ感はそれほど強くなく、口の中で溶けていくあいだに苺のような甘酸っぱさと、チーズケーキを思わせる乳酸の風味が広がります
苦味はほとんど感じられず、酸味も強すぎないので、こちらも初めてダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーを召し上がる人におすすめ.。
女性やお子さまへのプレゼントにしても喜ばれそうです。

ハシエンダ・アズール, コスタリカ 70%

フレーバーイメージ:①リッチ&クラシック

・キャラメルやミルクティーの甘み
・生姜のスパイシー感
・ほのかな酸味
・お子さまにもおすすめ

コスタリカのハシエンダ・アズールという単一農園で2018年に収穫されたカカオ豆を使用。口に入れると少しずつキャラメルやミルクティーに近い甘い風味が広がって、最後にふわっと生姜の香りが鼻を抜けます。
生姜は後味を爽やかにしてくれる程度の強さなので、甘いチョコレートを好むお子さまもおいしく食べられるはず。

ソルサル・コミュニタリオ, ドミニカ共和国 70%

フレーバーイメージ:①リッチ&クラシック

・甘酸っぱいチェリーのフルーティーな酸味
・爽やかなサワークリームの乳酸味
・ドイツの伝統菓子フォレノワールをイメージ
・ほうじ茶やアルコールなどさまざまな飲み物に合う


ダンデライオン・チョコレートが最も多く使っている、2018年に収穫されたドミニカ共和国産のカカオ豆を使用。口に入れると甘酸っぱいチェリーの酸味とサワークリームのような爽やかな乳酸味を感じるとともに、後半にはチョコレートシフォンケーキのような軽いカカオ感が口の中に広がり、ドイツの伝統菓子フォレノワールを彷彿とさせる味わいです。ほうじ茶や辛口のスパークリングワイン、フルーティーなエール系のビールなど、多様な飲み物とのペアリングもおすすめです。

ソルサル・エステート, ドミニカ共和国 70%

フレーバーイメージ:③ユニーク&サプライズ

・しっとりとしたクリームチーズの乳味
・タイムのようなすっきりとしたハーブ感
・次々と変化する味わいを楽しめる
・レモンティーやシードルなど爽やかな飲み物に合う

 

上記「ソルサル・コミュニタリオ, ドミニカ共和国 70%」と同じ生産者ソルサル・カカオが手掛ける、自社私有地の山中で育てたカカオ豆を使用。次々と異なるフレーバーがはっきりと現れるのが特徴で、クリームチーズのようなしっとりとした乳味からタイムのすっきりとしたハーブ感、中盤から終盤にかけてはグレープフルーツピールのようなフレッシュな果実味とほろ苦さを感じられます。レモンティーやシードルなど、爽やかな飲み物とのペアリングがおすすめです。

カアボン, グアテマラ 70%

フレーバーイメージ:③ユニーク&サプライズ

・フレッシュな果実味
・ほのかなヨーグルトの乳酸味
・白ワインに合う

通常の2倍近い大きさの2018年収穫のグアテマラ産カカオ豆を工夫してロースト。生のカカオ豆に感じるワインの香りを引き出しています。
フルーツのフレッシュな甘みの後に、ゆっくりとヨーグルトのような乳酸味が追いかけてくる、まさにワインを思わせる味の変化を楽しめるのが特徴。変わっていく味一つひとつの主張が強すぎないので、お酒のおつまみにするとお互いを引き立て合います。特に、白ワインとの相性が抜群

ベンチェ, ベトナム 70%

フレーバーイメージ:③ユニーク&サプライズ

・セミドライのアプリコットのような果実味
・香ばしいジンジャーブレッド
・酸味強め
・浅煎りのコーヒーやミディアムボディの赤ワインとの相性が良い

ベトナムのチョコレートメーカーでもあるマルゥから購入したカカオ豆を使用。ダンデライオン・チョコレートで販売しているチョコレートバーのなかでは最も酸味があってフルーティーで、セミドライのアプリコットのような柔らかな甘酸っぱさに加え、香ばしいジンジャーブレッド、ほのかに甘いキャラメルのフレーバーも楽しめます。浅煎りのコーヒーやホットミルク、ミディアムボディの赤ワインとよく合います

ハシエンダ・アズール, コスタリカ 85%

フレーバーイメージ:④ハイカカオ&ビター

・チョコレート上級者向け
・カカオ感強め、苦味や渋み
・朝の目覚めに
・ウイスキーに合う

上で紹介した「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 70%」と同じカカオ豆を使い、カカオ含有量を85%までアップ。酸味や苦味など、カカオの持つ深い味わいと芳醇な香りが凝縮されていて、カカオ感を存分に感じられる上級者向けチョコレートバーです。
シャキッと目を覚ましたい朝や、晩酌時にスモーキーなウイスキーなど強めのお酒と合わせても◎。

ワンプゥ, ホンジュラス 85%

フレーバーイメージ:④ハイカカオ&ビター

・ハイカカオでもジャスミンのようなフローラル感
・カカオ分85%以上のチョコレートを初めて召し上がる方におすすめ
・朝の時間帯や、夜のゆったりとした時間にも
・緑茶や黒豆茶に合う

上で紹介した「ワンプゥ, ホンジュラス 70%」と同じカカオ豆を使った、カカオ分85%のチョコレートバー。

華やかでフローラルな香りのカカオ豆の特徴を活かし、繊細なジャスミンのような香りをより深く感じる味わいに仕上げています。

朝の時間帯に緑茶や黒豆茶と一緒にすっきりと、またゆったりとした時間にもぴったりです。

アンバンジャ, マダガスカル 70%

フレーバーイメージ:③ユニーク&サプライズ

・明るく爽やかな酸味
・みずみずしいトロピカルフルーツの果実味
・パンのような軽い香ばしさ
・甘めの白ワインと合う

マダガスカル北岸にあるバーティル・アケッソンズのベジョーホ農園で2017年に収穫されたカカオ豆を使用。明るいトロピカルな果実味に焼いたパンのような香ばしさが加わり、新しいチョコレートの味わいを感じられます。
ハーブティーと合わせてすっきりと、また甘めの白ワインともよく合います。

コスタ・エスメラルダス, エクアドル 70%

フレーバーイメージ:①リッチ&クラシック

・しっかりとしたカカオ感
・フルーティーなチェリーの酸味
・チョコレートらしさと酸味のバランスを両立
・ちょっと贅沢な気分を味わいたい時に

エクアドル北岸に近いフレディ・サラザールの農園で2018年に収穫されたカカオ豆を使用。ファッジブラウニーのように濃厚なチョコレート感と、アメリカンチェリーのような果実味のバランスがとても良いチョコレートバーです。
カカオ感と酸味の両方を併せ持つため、ちょっとリッチな風味のチョコレートを味わいたい時に満足いただける一枚です。

チョコレートの「酸味」と「苦味」とは、どういう感覚?

チョコレートの味を表現するときによく使われる「酸味」と「苦味」。
言葉だけ聞くと、一般的な「すっぱい」「苦い」といった味を思い浮かべますが、チョコレートに関してはもう少し複雑な味を表現しています。

【酸味】
チョコレートの酸味は、果実感の中でも柑橘系、ベリー系などさまざま。また、ヨーグルトのような乳酸味や、酢酸味もあります。思わず口をすぼませてしまう「すっぱい」だけではない、さまざまな酸味の種類を感じることができるでしょう。

【苦味】
苦味は、カカオ含有量が多いチョコレートで多く使われる表現で、「ビター」と表現されることもあります。カカオ含有量が多い=苦味が強い、ということではなく、カカオのフレーバーをより強く感じることができるでしょう。

 

カカオの味わいや香りを楽しんで

カカオ豆は、生産地や収穫年の気候、作り手によって味わいや香りが変わる上、食べる人によって感じられるフレーバーが違うもの。
ご紹介した特徴を参考に、自分の感性に合ったチョコレートバー探しを楽しんでみてください。


前の記事 次の記事