Bean to Bar

ビーントゥバーとは?

カカオ豆からチョコレートバーへ

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、カカオ豆からチョコレートバーになるまで一貫して製造を行うことを言います。2000年代後半からアメリカでBean to Barがクラフトチョコレートのムーブメントとして興りました。ダンデライオンではカカオ豆の調達(ソーシング)も自社で行っています。

一般にカカオの木は赤道の南北緯度20度以内で育ち、カカオポッドという果実をつけます。ダンデライオンでは、カカオ豆を買い付ける際は農園を訪ね、生産者について知り、彼らがどのように働いているのかを見に行くようにしています。

農園では、まずカカオポッドを割り、白いパルプに包まれたカカオ豆を取り出します。それから大きな木箱に入れて発酵させます。カカオのフレーバーが生まれるのは発酵の時と、焙煎の時です。発酵には生産者の高い技術を必要とします。 その後乾燥させて発酵を止め、梱包し、豆が送られてきます。

 

HOW WE MAKE CHOCOLATE

Bean to Bar チョコレートの製造工程

ダンデライオン・チョコレートでは、カカオ豆の選定から買い付け、そして、
選別からチョコレートバーを作る工程のすべてを、自分たちのファクトリーで行っています。
カカオ豆は、生産地や収穫年の気候、作り手によって味わいや香りが変わります。
新しい豆が届いたら、焙煎の条件を変えながら何度もテイスティングを繰り返し、ローストプロファイルにまとめます。
納得のいくものができてはじめて、お客さまにご紹介することになります。
このプロセスには最低でも1週間、ときには1カ月もかかることがあります。
本国では1年を過ぎてもまだテストを繰り返している頑固な豆もあるそうです。

SINGLE ORIGIN

チョコレートバーは、一種類のカカオ豆のみで作られているシングルオリジン。私たちが開発した独自の焙煎を行うことで、それぞれの豆が持っている独特のフレーバーやニュアンスを引き出しています。

CACAO BEANS AND
CANE SUGAR

チョコレートバーは、カカオ豆とオーガニックのケインシュガー(きび砂糖)、この2種類だけで作られています。ココアバター、レシチン、バニラ等は入っていません。

CHOCOLATE & SUGAR
ORIGINS

チョコレートと砂糖の原産地

カカオの木は、赤道をはさんで南北20度に位置する温暖な気候を好みます。
私たちは、世界10カ国以上の豆を使ってチョコレートを作っています。
使用するカカオ豆の原産国をすべて訪れ、カカオ生産者のみなさんとの交流の中から最高のカカオ豆を選び、
丹精込めてチョコレートバーを作っています。

━ CHOCOLATE ━

MAYA MOUNTAIN
BELIZE
HACIENDA AZUL
COSTA RICA
WAMPU
HONDURAS
WAMPU
HONDURAS
ZORZAL
ESTATE
D.R.
ZORZAL COMUNITARIO
D.R.
BEN TRE
VIETNAM
CAHABÓN
GUATEMALA
AMBANJA
MADAGASCAR
COSTA ESMERALDAS
ECUADOR

━ SUGAR ━

CANE SUGAR
BRAZIL
きび砂糖
魅力的なチョコレートの世界をご紹介

SOURCING REPORT

現地報告として、毎年ソーシングレポートを公開しています。
カカオ農園のこと、私たちのビジネス全体への取り組み方など、
詳しくお知りになりたい方は下記のリンクからどうぞ。

20152016