OUR DAYS

【レポート】Japan US Summit

【レポート】Japan US Summit

9月下旬に行われたダンデライオン・チョコレート Japan US Summitに参加するため、マネージャー以上のスタッフ総勢15名がサンフランシスコを訪問しました。Japan US Summitが開かれた目的は2つ。「日米のダンデライオン・チョコレートが一つの企業として、今後の方向性をすり合わせること」、「会社が大きくなり、メンバーも入れ替わったため、双方の理解やコミュニケーションを図ること」です。その時の様子を9月に入社したばかりの商品開発マネージャーの田中友歩がレポートします。 ダンデライオン・チョコレートが日本に上陸して約3年半。今回初めての試みとして、日本とアメリカのマネージャーとの Japan US Summit が開催されました。両国のメンバー共に興奮した面持ちで、今年の春にオープンしたばかりの Dandelion Chocolate 16th Street Factory に集まります。噂には聞いていましたが、本当に立派なFactoryで、カフェ、ファクトリー、ペストリー、オフィスとたくさんの機能が集約されています。チョコレートを作っている様子が見えるようになっていて、1日に何回ものワークショップが実施されています。 まずは、創業者であるトッドがダンデライオン・チョコレートの歴史やアイデンティティ(働く上で大事にすること)、ダンデライオン・チョコレートの未来やミッション(働く上での使命)について熱く語ります。続いてアメリカの各担当者によるソーシングレポートや品質管理、安全管理などのプレゼンテーションを受け、その後各セクションに別れてのミーティングにうつります。業務内容に応じて日米間でバディが組まれ、それぞれプロフェッショナルな内容の議論が交わされていきます。 日本とアメリカではニーズも異なります。そのため、ダンデライオン・チョコレートとしてのフィロソフィーを大切にしながらも、それぞれの文化に沿ったお店づくりや商品開発を心がけているのです。ペストリーチームでは、両国それぞれ開発した商品をテイスティングしあうなど、スキルチェンジも行われたようです。 店舗やペストリーキッチンはもちろんのこと、あまり今まで立ち入る機会のなかった倉庫や出荷現場も見学しましたが、規模の大きさにびっくりです。また、アメリカでは、担当も細かく別れていて、出荷担当者は梱包〜出荷作業をひとつずつ丁寧に行なっていますし、チョコレートバーのラッピング担当者は、ラベルシールの位置にズレがないか細かく検品も行なっています。 全体を通じて、プロ意識が高く、任された業務に対してプライドを持って取り組んでいることが垣間見れます。 期間中には、チョコレートのテイスティングも実施され、収穫年やカカオ比率の違いに加え、サンフランシスコと蔵前で作られたものの比較も行いました。シエラレオネ産カカオ豆から作られた2つのバー。同じ産地、同じ収穫年なのに、それぞれ味わいが異なり個性を感じられました。改めてチョコレートの奥深さを知ります。 上から収穫年、製造場所、カカオ豆の比率   Japan US Summit の合間には、サンフランシスコの街に市場調査にもでかけました。多種多様なBean to Barを取り扱うチョコレート専門店は圧巻...

【レポート】Japan US Summit

9月下旬に行われたダンデライオン・チョコレート Japan US Summitに参加するため、マネージャー以上のスタッフ総勢15名がサンフランシスコを訪問しました。Japan US Summitが開かれた目的は2つ。「日米のダンデライオン・チョコレートが一つの企業として、今後の方向性をすり合わせること」、「会社が大きくなり、メンバーも入れ替わったため、双方の理解やコミュニケーションを図ること」です。その時の様子を9月に入社したばかりの商品開発マネージャーの田中友歩がレポートします。 ダンデライオン・チョコレートが日本に上陸して約3年半。今回初めての試みとして、日本とアメリカのマネージャーとの Japan US Summit が開催されました。両国のメンバー共に興奮した面持ちで、今年の春にオープンしたばかりの Dandelion Chocolate 16th Street Factory に集まります。噂には聞いていましたが、本当に立派なFactoryで、カフェ、ファクトリー、ペストリー、オフィスとたくさんの機能が集約されています。チョコレートを作っている様子が見えるようになっていて、1日に何回ものワークショップが実施されています。 まずは、創業者であるトッドがダンデライオン・チョコレートの歴史やアイデンティティ(働く上で大事にすること)、ダンデライオン・チョコレートの未来やミッション(働く上での使命)について熱く語ります。続いてアメリカの各担当者によるソーシングレポートや品質管理、安全管理などのプレゼンテーションを受け、その後各セクションに別れてのミーティングにうつります。業務内容に応じて日米間でバディが組まれ、それぞれプロフェッショナルな内容の議論が交わされていきます。 日本とアメリカではニーズも異なります。そのため、ダンデライオン・チョコレートとしてのフィロソフィーを大切にしながらも、それぞれの文化に沿ったお店づくりや商品開発を心がけているのです。ペストリーチームでは、両国それぞれ開発した商品をテイスティングしあうなど、スキルチェンジも行われたようです。 店舗やペストリーキッチンはもちろんのこと、あまり今まで立ち入る機会のなかった倉庫や出荷現場も見学しましたが、規模の大きさにびっくりです。また、アメリカでは、担当も細かく別れていて、出荷担当者は梱包〜出荷作業をひとつずつ丁寧に行なっていますし、チョコレートバーのラッピング担当者は、ラベルシールの位置にズレがないか細かく検品も行なっています。 全体を通じて、プロ意識が高く、任された業務に対してプライドを持って取り組んでいることが垣間見れます。 期間中には、チョコレートのテイスティングも実施され、収穫年やカカオ比率の違いに加え、サンフランシスコと蔵前で作られたものの比較も行いました。シエラレオネ産カカオ豆から作られた2つのバー。同じ産地、同じ収穫年なのに、それぞれ味わいが異なり個性を感じられました。改めてチョコレートの奥深さを知ります。 上から収穫年、製造場所、カカオ豆の比率   Japan US Summit の合間には、サンフランシスコの街に市場調査にもでかけました。多種多様なBean to Barを取り扱うチョコレート専門店は圧巻...

チョコレートがアクセント「キッシュ」

チョコレートがアクセント「キッシュ」

ダンデライオン・チョコレートのカウンターには、チョコレートブラウニー、チョコレートチップクッキーなど、専門店らしくカカオを使用したさまざまなペストリーが並びます。甘いものに目がないわたしたちですが、たまには違う味を求めてしまうこともあります。そんな気持ちを汲み取ったかのように、10月9日(水)から期間限定でチョコレートを使用した「キッシュ」が登場します! 「キッシュ」の開発を行ったのは、蔵前のペストリースタッフ高橋真貴。ファクトリー&カフェ蔵前がオープンした2016年の冬から働き始めた彼女が、初めて任されたペストリーがこのキッシュでした。遡ること2017年より、開発がスタート。高橋は、アパレイユ(牛乳や卵などの材料を混ぜ合わせたもの)や生地にチョコレートを混ぜたり、表面にカカオニブを振りかけたりなどのアプローチも考えたそうですが、どうしてもチョコレートの印象が残らない。カカオ豆の産地を選びなおしたり、合わせる食材を調整したりするなど、試行錯誤し、最終的にチョコレートを挟み込むことを思いつきました。 ほうれん草、トマト、玉ねぎ、ジャガイモ、ソーセージのシンプルな具材を大きめにカット。ベーコンからソーセージに、アパレイユの分量を調整することで、ジューシーさを残すことができました。また、キッシュの底にコスタリカ産カカオのチョコレートを敷き詰めることで、チョコレートが持つナッティでまろやかな風味をプラスしました。お出しする際に、カシューナッツのような味わいのパルミジャーノ・レッジャーノ チーズとブラックペッパーで香り付け。口に含むと、キッシュのまろやかな味わいの後に、チョコレートが感じられるボリュームのあるひと品が出来上がりました。販売は、ファクトリー&カフェ蔵前で1ヶ月間、と限られてしまいますが、いつもとは一味違うチョコレートの一面をのぞきたい方や甘いものが苦手な方、 ぜひお試しください。店舗には、クラフトビールや自然派ワインのご用意もございますので、おつまみとしてもおすすめです。【ペストリーメニュー】ダンデライオン・チョコレート・ジャパン オリジナルレシピキッシュ(Quiche)期間:10月9日(水)〜11月5日(火)価格:650円(税別)店舗:ファクトリー&カフェ蔵前*「キッシュ」は、店内のみの提供です。

チョコレートがアクセント「キッシュ」

ダンデライオン・チョコレートのカウンターには、チョコレートブラウニー、チョコレートチップクッキーなど、専門店らしくカカオを使用したさまざまなペストリーが並びます。甘いものに目がないわたしたちですが、たまには違う味を求めてしまうこともあります。そんな気持ちを汲み取ったかのように、10月9日(水)から期間限定でチョコレートを使用した「キッシュ」が登場します! 「キッシュ」の開発を行ったのは、蔵前のペストリースタッフ高橋真貴。ファクトリー&カフェ蔵前がオープンした2016年の冬から働き始めた彼女が、初めて任されたペストリーがこのキッシュでした。遡ること2017年より、開発がスタート。高橋は、アパレイユ(牛乳や卵などの材料を混ぜ合わせたもの)や生地にチョコレートを混ぜたり、表面にカカオニブを振りかけたりなどのアプローチも考えたそうですが、どうしてもチョコレートの印象が残らない。カカオ豆の産地を選びなおしたり、合わせる食材を調整したりするなど、試行錯誤し、最終的にチョコレートを挟み込むことを思いつきました。 ほうれん草、トマト、玉ねぎ、ジャガイモ、ソーセージのシンプルな具材を大きめにカット。ベーコンからソーセージに、アパレイユの分量を調整することで、ジューシーさを残すことができました。また、キッシュの底にコスタリカ産カカオのチョコレートを敷き詰めることで、チョコレートが持つナッティでまろやかな風味をプラスしました。お出しする際に、カシューナッツのような味わいのパルミジャーノ・レッジャーノ チーズとブラックペッパーで香り付け。口に含むと、キッシュのまろやかな味わいの後に、チョコレートが感じられるボリュームのあるひと品が出来上がりました。販売は、ファクトリー&カフェ蔵前で1ヶ月間、と限られてしまいますが、いつもとは一味違うチョコレートの一面をのぞきたい方や甘いものが苦手な方、 ぜひお試しください。店舗には、クラフトビールや自然派ワインのご用意もございますので、おつまみとしてもおすすめです。【ペストリーメニュー】ダンデライオン・チョコレート・ジャパン オリジナルレシピキッシュ(Quiche)期間:10月9日(水)〜11月5日(火)価格:650円(税別)店舗:ファクトリー&カフェ蔵前*「キッシュ」は、店内のみの提供です。

玉川高島屋に POP UP SHOP 登場!

玉川高島屋に POP UP SHOP 登場!

ご好評につき、10月9日(水)から10月15日(火)まで、玉川髙島屋S・Cで「ダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP」開催が決まりました。 今回のPOP UP SHOPでは、 オンラインストアと表参道のBean to Bar Lounge でしか購入することができないガトーショコラの販売を行います。レモンヨーグルト、サルタナレーズンなどの味わいを持つ、インド産カカオ豆のチョコレートを使用することで、まるでチーズケーキのような芳醇な味わいのガトーショコラ。常温ではチョコレート本来の濃厚なフレーバーを感じていただくことができます。冷やして食べるとレアな食感、そして、オーブンで温めると、ふっくらと軽いスフレのような口触りをお愉しみいただけます。温度によって変化する食感と味わいをこの機会にぜひお試しください。他にもチョコレートバーはもちろん、3月に出店した際にご好評いただきましたホットチョコレートミックスやRITOU NUTSなどもご用意いたします。玉川高島屋は、野草や野鳥が数多く見られる自然豊かな多摩川が流れ、大型商業施設や専門店が立ち並ぶ、都市機能と豊かな自然が調和する二子玉川にあります。イベントの合間に、休日やご帰宅の際に、お立ち寄りください。■Shop Infoダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川髙島屋S・Cフーズシティイベントスペース[本館B1フーズシティ明治屋前]開催期間 2019年10月9日(水)から10月15日(火)まで営業時間 10:00~21:00■ Menu *税別・チョコレートバー(7種類) 1,200円・ホットチョコレートミックス 1,800円・CABANON x Dandelion Chocolate グラノーラ 1,380円・RITOU NUTS 1,000円・ガトーショコラ 3,600円 など

玉川高島屋に POP UP SHOP 登場!

ご好評につき、10月9日(水)から10月15日(火)まで、玉川髙島屋S・Cで「ダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP」開催が決まりました。 今回のPOP UP SHOPでは、 オンラインストアと表参道のBean to Bar Lounge でしか購入することができないガトーショコラの販売を行います。レモンヨーグルト、サルタナレーズンなどの味わいを持つ、インド産カカオ豆のチョコレートを使用することで、まるでチーズケーキのような芳醇な味わいのガトーショコラ。常温ではチョコレート本来の濃厚なフレーバーを感じていただくことができます。冷やして食べるとレアな食感、そして、オーブンで温めると、ふっくらと軽いスフレのような口触りをお愉しみいただけます。温度によって変化する食感と味わいをこの機会にぜひお試しください。他にもチョコレートバーはもちろん、3月に出店した際にご好評いただきましたホットチョコレートミックスやRITOU NUTSなどもご用意いたします。玉川高島屋は、野草や野鳥が数多く見られる自然豊かな多摩川が流れ、大型商業施設や専門店が立ち並ぶ、都市機能と豊かな自然が調和する二子玉川にあります。イベントの合間に、休日やご帰宅の際に、お立ち寄りください。■Shop Infoダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川髙島屋S・Cフーズシティイベントスペース[本館B1フーズシティ明治屋前]開催期間 2019年10月9日(水)から10月15日(火)まで営業時間 10:00~21:00■ Menu *税別・チョコレートバー(7種類) 1,200円・ホットチョコレートミックス 1,800円・CABANON x Dandelion Chocolate グラノーラ 1,380円・RITOU NUTS 1,000円・ガトーショコラ 3,600円 など

ワークショップ 2019年11月

ワークショップ 2019年11月

本日より、11月のワークショップの募集を開始します。 【ファクトリー&カフェ蔵前】■ Factory Tour11月6日(水) 18:45 - 19:3011月20日(水) 18:45 - 19:30【Bean to Bar Lab】■ Step1 / Chocolate 10111月9日(土) 10:30 - 12:30■ Step2 / Chocolate 20111月3日(日) 10:30 - 14:30■ Chocolate History Class11月10日(日) 10:30 - 14:30■ CACAO BAR11月13日(水)...

ワークショップ 2019年11月

本日より、11月のワークショップの募集を開始します。 【ファクトリー&カフェ蔵前】■ Factory Tour11月6日(水) 18:45 - 19:3011月20日(水) 18:45 - 19:30【Bean to Bar Lab】■ Step1 / Chocolate 10111月9日(土) 10:30 - 12:30■ Step2 / Chocolate 20111月3日(日) 10:30 - 14:30■ Chocolate History Class11月10日(日) 10:30 - 14:30■ CACAO BAR11月13日(水)...

藤井大丸で POP UP SHOP 開催

藤井大丸で POP UP SHOP 開催

10月1日(火)から12月1日(日)までの約2ヶ月、藤井大丸で「ダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP」を行います。 今回は、表参道にあるBean to Bar Lounge 限定のチョコレートマカロンを特別にご用意。生地とクリーム、どちらにもチョコレートをふんだんに使ったダンデライオン・チョコレート オリジナルレシピで作られています。通常3種類あるうち、藤井大丸POP UP SHOPでは深みがありすっきりした後味が特徴のドミニカ産カカオを使用したマカロンをお試しいただけます。限定となるマカロンの他にも、9月18日(水)に販売されたばかりのコスタリカ産のカカオ豆を使った「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 85%」のチョコレートバーやギフトとして人気の「ホットチョコレートミックス」などもご購入いただけます。藤井大丸は、主要観光地からのアクセスも良く、お土産物やデパートなどが並ぶ通り沿いにあります。修学旅行生や観光客などにも人気が高い地域で、連日たくさんの人が行き交っています。京都東山一念坂店は少し遠いと感じていた皆さま、この機会に是非お立ち寄りください。 ■Shop Infoダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP〒600-8031 京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町 605 番地 1F 特設スペース2開催期間 2019年10月1日(火)から12月1日(日)まで営業時間 10:30~20:00■ Menu *税別です・チョコレートバー(7種類) 1,200円・ホットチョコレートミックス 1,800円・ダンデライオン カカオニブ 1,600円・マカロン (6個入り)  1,800円 *1個、3個入りもございます。など

藤井大丸で POP UP SHOP 開催

10月1日(火)から12月1日(日)までの約2ヶ月、藤井大丸で「ダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP」を行います。 今回は、表参道にあるBean to Bar Lounge 限定のチョコレートマカロンを特別にご用意。生地とクリーム、どちらにもチョコレートをふんだんに使ったダンデライオン・チョコレート オリジナルレシピで作られています。通常3種類あるうち、藤井大丸POP UP SHOPでは深みがありすっきりした後味が特徴のドミニカ産カカオを使用したマカロンをお試しいただけます。限定となるマカロンの他にも、9月18日(水)に販売されたばかりのコスタリカ産のカカオ豆を使った「ハシエンダ・アズール, コスタリカ 85%」のチョコレートバーやギフトとして人気の「ホットチョコレートミックス」などもご購入いただけます。藤井大丸は、主要観光地からのアクセスも良く、お土産物やデパートなどが並ぶ通り沿いにあります。修学旅行生や観光客などにも人気が高い地域で、連日たくさんの人が行き交っています。京都東山一念坂店は少し遠いと感じていた皆さま、この機会に是非お立ち寄りください。 ■Shop Infoダンデライオン・チョコレート POP UP SHOP〒600-8031 京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町 605 番地 1F 特設スペース2開催期間 2019年10月1日(火)から12月1日(日)まで営業時間 10:30~20:00■ Menu *税別です・チョコレートバー(7種類) 1,200円・ホットチョコレートミックス 1,800円・ダンデライオン カカオニブ 1,600円・マカロン (6個入り)  1,800円 *1個、3個入りもございます。など

秋を味わう「和栗のモンブラン」

秋を味わう「和栗のモンブラン」

日中はまだまだ暑い日もありますが、朝晩の気温もさがり、公園の草木がだんだんと色づいてきたりと、秋の気配を少しずつ感じるようになってきました。栗、かぼちゃ、柿...など旬の食べ物が多く店頭に並ぶ秋は、食通ならずとも『味覚の秋』を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。 9月18日(水)より和栗を使った「モンブラン」の販売が始まります。「モンブラン」のレシピは、関西エリアの森本シェフが担当。王道の「モンブラン」と迷いましたが、森本らしく違うアプローチを探りました。今秋ダンデライオン・チョコレートでは、生地とマロンクリームを一緒に味わうことができる「モンブラン」を提案。本来であれば主役はマロンクリームですが、わたしたちはチョコレートの生地をメインに持ってきました。 ドミニカ共和国のカカオ豆から作られたチョコレートのしっとりとした⽣地に和栗とカシスを入れ焼き上げ、仕上げにカシスリキュールをアンビバージュ。(焼きたての熱いうちにリキュールを軽くうつことで、アルコールを飛ばしカシスの香りをのせます)生地の上には和栗ベースのマロンクリームを絞ります。そして側面にはキャラメリゼしたアーモンドパウダーを。柔いチョコレート生地になめらかなマロンクリーム、そしてアーモンドパウダーの食感の変化が面白い一品になりました。この時期だけのチョコレートと栗とカシスの完成されたコンビネーションをぜひお試しください。*「モンブラン」販売開始に伴い、「レモンタルト」は9月17日(火)で販売終了となります。また夏季限定の「アイスクリーム」と「梅カカオソーダ」は、9月15日(日)まで(無くなり次第)です。【ペストリーメニュー】ダンデライオン・チョコレート・ジャパン オリジナルレシピモンブラン(Mont Blanc)期間:9月18日(水)〜11月26日(火)価格:600円 ( 税別 ) 店舗:ファクトリー&カフェ蔵前、伊勢外宮前店、鎌倉店、京都東山一念坂店*「モンブラン」は、TOGOも可能です。

秋を味わう「和栗のモンブラン」

日中はまだまだ暑い日もありますが、朝晩の気温もさがり、公園の草木がだんだんと色づいてきたりと、秋の気配を少しずつ感じるようになってきました。栗、かぼちゃ、柿...など旬の食べ物が多く店頭に並ぶ秋は、食通ならずとも『味覚の秋』を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。 9月18日(水)より和栗を使った「モンブラン」の販売が始まります。「モンブラン」のレシピは、関西エリアの森本シェフが担当。王道の「モンブラン」と迷いましたが、森本らしく違うアプローチを探りました。今秋ダンデライオン・チョコレートでは、生地とマロンクリームを一緒に味わうことができる「モンブラン」を提案。本来であれば主役はマロンクリームですが、わたしたちはチョコレートの生地をメインに持ってきました。 ドミニカ共和国のカカオ豆から作られたチョコレートのしっとりとした⽣地に和栗とカシスを入れ焼き上げ、仕上げにカシスリキュールをアンビバージュ。(焼きたての熱いうちにリキュールを軽くうつことで、アルコールを飛ばしカシスの香りをのせます)生地の上には和栗ベースのマロンクリームを絞ります。そして側面にはキャラメリゼしたアーモンドパウダーを。柔いチョコレート生地になめらかなマロンクリーム、そしてアーモンドパウダーの食感の変化が面白い一品になりました。この時期だけのチョコレートと栗とカシスの完成されたコンビネーションをぜひお試しください。*「モンブラン」販売開始に伴い、「レモンタルト」は9月17日(火)で販売終了となります。また夏季限定の「アイスクリーム」と「梅カカオソーダ」は、9月15日(日)まで(無くなり次第)です。【ペストリーメニュー】ダンデライオン・チョコレート・ジャパン オリジナルレシピモンブラン(Mont Blanc)期間:9月18日(水)〜11月26日(火)価格:600円 ( 税別 ) 店舗:ファクトリー&カフェ蔵前、伊勢外宮前店、鎌倉店、京都東山一念坂店*「モンブラン」は、TOGOも可能です。