商品情報にスキップ
1 9

 

【販売終了】ラージチップス コスタ・エスメラルダス, エクアドル 70%

【販売終了】ラージチップス コスタ・エスメラルダス, エクアドル 70%

通常価格 ¥2,400
通常価格 セール価格 ¥2,400
セール Sold out
税込 配送料は購入手続きの際に計算されます。

商品情報

■原材料
カカオ豆、きび砂糖

■アレルギー

■賞味期限
製造から1年

■内容量
250g(1粒は約3.5g)

■保存方法
20度以下の湿度の少ないところがおすすめです。
チョコレートがある程度柔らかいほうが、口の中で溶けやすく、香りや味わいを感じやすくなります。

■配送方法
【夏季】冷蔵便
【冬季】常温便

 

理想の口溶けを追求したチョコレート

チョコレートの理想的な口溶けを追求して開発された「Large Chips(ラージチップス)」は、サンフランシスコのインダストリアルデザイナー、レミー・ラベスク氏が設計を手がけたチョコレート・チップです。

口の中で瞬時に、そして段階的にフレーバーが広がるようにデザインされています。

使用しているカカオ豆はエクアドル北岸に近いフレディ・サラザールの農園のもので、チョコレートファッジや甘いフルーツのようなフレーバーを感じられます。

テンパリング(温度調整)済みですので、クッキーやブラウニー生地にまぜこむなど製菓材としても手軽にお使いいただけます。

  

 

開発ストーリー

クラフトチョコレートとテクノロジーの融合

ダンデライオン・チョコレートの本拠地であるサンフランシスコは、周知の通り、イノベーションを生み出すIT産業のメッカとして、世界中から一流のエンジニアやデザイナーが集う街。サンフランシスコの中でも特にダイバーシティ豊かなミッション地区にあるダンデライオン・チョコレートのカフェには、自然とチョコレート好きのIT企業関係者が多く訪れます。

シリコンバレーに拠点を置く電気自動車メーカーのインダストリアルデザイナー、レミー・ラベスク氏もそんなチョコレートラバーの一人。彼がダンデライオン・チョコレートの創業者トッド・マソニスに出会ったのは、トッド自身が講師を務めるチョコレート・ワークショップに参加したのがきっかけでした。

チョコレートを製造するプロセスには、化学反応を操るための知識や計算に裏打ちされた技術と探究心が必要とされ、突き詰めて行けば行くほどに奥が深まる世界。トッドとレミーは、互いのイノベーティブ・スピリットが共鳴したのか、すぐに意気投合します。

当時、ダンデライオン・チョコレートでは、クッキーなどのペストリー(焼き菓子)に自社製のチョコレートを使う際、テンパリング(チョコレートに含まれるココアバターの結晶を最も安定した状態にする温度調整作業)を施した大量のチョコレートブロックを、ペストリースタッフが手作業で砕いてチップ状にしていました。クラフトマンシップにこだわる社風とはいえ、必要以上に時間と手間がかかっていたのです。

そこで、この工程をなんとか効率化したいという現場の声に応えるため、トッドとレミーは、独自のチョコレートチップを開発することを思いつきます。レミーは本業の傍ら、個人的なサイドプロジェクトとして参画し、ペストリーチームを率いるエグゼクティブ・シェフのリサ・ヴェガの協力も得ながら、理想的な口溶けを追求する「Large Chips」を3年越しで完成させました。

サンフランシスコだからこそ生まれた、チョコレートとテクノロジーのコラボレーション。話題性もさることながら、その計算し尽くされた緻密な味わいは全米のチョコレートファンの心を鷲掴みにして、瞬く間に大ヒット商品に。 

 

理想の口溶けを追求したクラフトチョコレート

レミーが手描きのコンセプトをデジタルツールでデザインに落とし込み、幾度となく作られたプロトタイプを経てが辿り着いたのは、面によって薄さを変えるユニークな立体的デザインでした。

これまでアメリカの市場に出回ってきた一般的なチョコレートチップは大半が円いドロップ型で、生産効率性が重視された80年前のデザインのまま。一方で、ダンデライオン・チョコレートが開発した「Large Chips」は、シンプルな立体構造を崩さないようにしつつ、その各先端部分をできる限り薄くしてあります。チョコレートは薄くなるほど熱質量が低くなるので、この薄く整えられた先端部分が舌の温度に触れてすぐに溶けだし、チョコレートのフレーバーが瞬間的に、そして段階的に口の中で広がるようにデザインされているのです。

現代のインダストリアルデザインの世界では、すでに多くのものが最適化・シンプル化され尽くしている、というレミー。そんな中において、長いこと誰も目を向けてこなかったチョコレートチップをデザインの力で再定義し、チョコレートの食体験を最適化できたことは、彼にとっても大変誇らしい経験となったようです。

こうして、フレーバー豊かなシングルオリジン・チョコレートを最高の形で味わうために最適化された「Large Chips」のデザインが生まれました。

当初はダンデライオン・チョコレートのペストリーチームのために考案された「Large Chips」でしたが、一般の消費者にも広く楽しんでもらえるよう商品化されました。

クッキー生地に混ぜ込んでオーブンに入れれば、チップの中心部は柔らかく、薄い面はほどよく生地に溶け出して、焼きあがったクッキーはチョコレートの味わいとしっとりしたクッキーのテクスチャーの両方を存分に楽しめる仕上がりに。そのまま食べても、チョコレートバー(板チョコレート)とはまた違う口溶けや味わいを楽しめるようになっています。

新進気鋭のインダストリアルデザイナーとの出会いによって生まれた、新たなクラフトチョコレート体験。この機会にぜひご堪能ください。



カカオ豆の原産地

ダンデライオン・チョコレートでは使用するカカオ豆の生産者を全て訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話を行い、直接交渉を行った上で良質なカカオ豆を買い付けています。

生産者:Costa Esmeraldas
生産国:エクアドル
地域:アタカメス
事業形態:私有地の農園と発酵施設
カカオ豆:私有地で栽培
発酵方式:5段のひな壇式発酵箱
乾燥方法:メッシュの乾燥台とビニールハウス内のセメントのパティオ
カカオ豆のフレーバー:チョコレートファッジ、甘いフルーツ 

カカオ発祥の地、エクアドル

現在の考古学的研究によると、カカオの起源はエクアドルと言われています。エクアドルのカカオには、固有種である「アリバ・ナシオナル」がありますが、長い歴史の中でエクアドルのカカオ産業を一転させた「CNN-51」という品種についても知っておく必要があります。今から55年ほど前にエクアドルの農学者が発明したCNN-51という品種は、これまでの品種よりも丈夫で生産性が高く、国の方針も後押ししたことで農家の間で一気に広がり、アリバ・ナシオナルは絶滅の危機に瀕します。
今ではエクアドルの固有種に立ち返り栽培に尽力する生産者や、CNN-51をより美味しく加工しスベシャルティカカオとして販売する生産者など、エクアドル全体のカカオの品質価値向上に努める生産者が多くいます。

 

家族一丸となってスペシャルティカカオ市場へ 

コスタ・エスメラルダスの「コスタ」は「海岸」の意味。エクアドルの北端、海岸沿いに位置するエスメラルダス郡に、サラザール一家が10年ほど前に土地を購入し始めた、家族経営のカカオ生産者です。

手付かずの土地から始めたカカオ栽培は苦難の連続でしたが、息子のフレディが参画して以来、土作りから発酵に至るまで研究を重ね、CCN-51をコモディティカカオとして、ネオ・ナシオナル種(アリバ・ナシオナルと、病気に強く生産性の高い品種の掛け合わせ)をスペシャルティカカオとして栽培・加工し、両方を育てながら、カカオ豆の品質向上と、農園の長期安定化に取り組んでいます。

共存共生を目指すビジネスモデル

フレディは自らの事業を進める上で、周囲のコミュニティと共存共生することを最も大事にしています。現在も土地の一部でバナナや柑橘類を生産しているほか、野生動植物の繁殖地となっている原生林も残しています。2017年に農園を拡大した際には、周囲の環境への影響を細かく分析し、またチョコレートメーカーが将来必要とするカカオの品種を選定するなど、関わる全ての人たちにとって良い結果が生まれるように配慮しています。発酵の専門家ダン・オドハティが設計した理想的な発酵・乾燥施設から生まれるフレディのカカオ豆は、安定的かつ繊細で複雑な香りを持ち合わせており、海外の多くのチョコレートメーカーが好むカカオ豆となっています。

 

 

開発者紹介

レミー・ラベスク/Remy Labesque

テスラのインダストリアルデザイナー。同社では主にソーラールーフや車のアクセサリーを担当。ダンデライオン・チョコレートの創業者トッドとは、2013年にトッドが開催したチョコレートを学ぶワークショップ「Chocolate 101」で出会い、細部までこだわり抜く姿勢に共感して意気投合。本業の傍らサイドプロジェクトとして、ダンデライオン・チョコレートのテイクアウト用カップやチョコレートチップのリデザインに関わる。


トッド・マソニス/Todd Masonis

ダンデライオン・チョコレートの共同創業者兼CEO。スタンフォード大学卒業後に友人キャメロン・リングと立ち上げたウェブ事業を売却し、IT業界を去った後、子供の頃から持ち続けていたチョコレートへの情熱を追いかけることに。自国アメリカで100年以上前からある製造法に立ち返り、友人から借りたガレージで本来のチョコレートを再現しようと突き詰めた結果、Bean to Bar チョコレートに辿り着く。2008年には再びキャメロンとタッグを組み、サンフランシスコのミッション地区にダンデライオン・チョコレートを設立。カカオ豆の仕入れから製品化までを一貫して自ら行う小量生産のBean to Bar メーカーとして、業界を牽引する存在として認知されている。


リサ・ヴェガ/Lisa Vega

ダンデライオン・チョコレートのエグゼクティブ・ペストリーシェフ。世界一の料理大学として名高いカリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ(CIA)を卒業した後、ロサンゼルスやサンフランシスコのレストランのペストリーシェフとしてキャリアを積む。 2013年にダンデライオン・チョコレートに参画し、シングルオリジンのカカオ豆の個性と魅力を余すところなく引き出すペストリーやドリンクを開発し続けている。2016年にはサンフランシスコのスターシェフにも選出されている。

詳細を表示する
  • 商品情報

    ■原材料
    カカオ豆、きび砂糖

     

    ■アレルギー

      

    ■賞味期限
    製造から1年

     

    ■内容量
    250g(1粒は約3.5g)

     

    ■保存方法
    20度以下の湿度の少ないところがおすすめです。
    チョコレートがある程度柔らかいほうが、口の中で溶けやすく、香りや味わいを感じやすくなります。

     

    ■配送方法
    【夏季】冷蔵便
    【冬季】常温便

     

  • 配送について

    送料は全国一律600円です。
    注文一件の合計金額が3,500円以上の場合、送料は当社が負担いたします。

    明細書・納品書は同梱いたしません。
    領収書は注文完了メールまたはウェブサイト上の注文確認ページから発行いただけます。

    配送希望日はショッピングカートにてご指定ください。約30日後までご指定いただけます。
    時間指定は下記で承っております。

    • 午前中(8〜12時)
    • 14〜16時
    • 16〜18時
    • 18〜20時
    • 19〜21時


  • 決済について

    当オンラインストアでは以下の決済方法がご利用いただけます。

    • クレジットカード決済(Visa/Mastercard/American Express/JCB)
    • あと払い (ペイディ)
    • 楽天ペイ
    • キャリア決済(ソフトバンクまとめて支払い/d払い/auかんたん決済)
    • ウォレット決済(PayPay/LINE Pay)


    ※あと払い(ペイディ)は別途手数料がかかる場合がございます。

OUR DAYS

日々の出来事

  • 夏バテ予防・対策の食べ物にチョコレートがおすすめな理由

    夏バテ予防・対策の食べ物にチョコレートがおすすめな理由

    暑い夏を乗り越えるために、こまめな水分補給など暑さ対策をされている方も多いのではないでしょうか。実は、チョコレートは夏バテ予防に一役買ってくれる食べ物。ここでは、チョコレートが夏バテ対策に役立つ理由やおすすめの食べ方をご紹介します。   関連記事 疲労回復にチョコレートはなぜおすすめ?健康効果が期待できる食べ方 チョコレートは体にいい?期待できる効能と適切な摂取量   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧     夏バテの原因とチョコレートの効果 夏バテはどのような理由で起きてしまい、それに対してチョコレートにはどのような効果があるのでしょうか?   気温差による自律神経の乱れをテオブロミンが改善 外は蒸し暑く室内はエアコンが効いていて気温差が激しい夏。体温調整が難しくなると、自律神経の働きが低下して疲れやすくなるなど体調を崩してしまいます。チョコレートに含まれるテオブロミンには、自律神経を整えたり、心身をリラックスさせたりする効果があります。   不足しやすいミネラルを補い、だるさや熱中症予防にも 夏は大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが失われて代謝や免疫力が低下し、体がだるくなりがちに。カカオにはカリウムやマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているため、摂取することでミネラル不足を補うことができます。   食欲不振による栄養素不足を改善 暑い日が続くとさっぱりしたものや喉越しの良いものを選んでしまい、筋力や疲労回復に必要なたんぱく質をはじめ、健康に不可欠な栄養素が不足しやすくなります。チョコレートには多くの必須栄養素が含まれているため、食欲がないときでも気軽に栄養補給ができます。   夏バテ対策におすすめのチョコレートの摂取量 夏バテ対策としてチョコレートを食べるなら、効果的に摂取したいですよね。厚生労働省・農林水産省「食事バランスガイド」によると、菓子・嗜好飲料の目安量は1日200kcal程度とされています。これはダンデライオン・チョコレートのカカオ分70%のチョコレートバーで約25g、1/2枚程度になります。この量を目安に摂取すると良いでしょう。 また、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは摂取してから2-4時間程度で血液中から消失するといわれているため、一度に食べるのではなく、朝から数回に分けてこまめに摂取するのがおすすめです。ポリフェノールには抗酸化作用による美容効果も期待できるため、美肌の大敵である紫外線の強い夏にも摂取したい栄養素のひとつです。 ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーはカカオ分70%以上で、甘すぎないため暑くて甘いものを敬遠しがちな夏でも食べやすい味わいです。今年の夏はチョコレートで夏バテ対策してみてはいかがでしょうか?   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧  

    夏バテ予防・対策の食べ物にチョコレートがおすすめな理由

    暑い夏を乗り越えるために、こまめな水分補給など暑さ対策をされている方も多いのではないでしょうか。実は、チョコレートは夏バテ予防に一役買ってくれる食べ物。ここでは、チョコレートが夏バテ対策に役立つ理由やおすすめの食べ方をご紹介します。   関連記事 疲労回復にチョコレートはなぜおすすめ?健康効果が期待できる食べ方 チョコレートは体にいい?期待できる効能と適切な摂取量   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧     夏バテの原因とチョコレートの効果 夏バテはどのような理由で起きてしまい、それに対してチョコレートにはどのような効果があるのでしょうか?   気温差による自律神経の乱れをテオブロミンが改善 外は蒸し暑く室内はエアコンが効いていて気温差が激しい夏。体温調整が難しくなると、自律神経の働きが低下して疲れやすくなるなど体調を崩してしまいます。チョコレートに含まれるテオブロミンには、自律神経を整えたり、心身をリラックスさせたりする効果があります。   不足しやすいミネラルを補い、だるさや熱中症予防にも 夏は大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが失われて代謝や免疫力が低下し、体がだるくなりがちに。カカオにはカリウムやマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているため、摂取することでミネラル不足を補うことができます。   食欲不振による栄養素不足を改善 暑い日が続くとさっぱりしたものや喉越しの良いものを選んでしまい、筋力や疲労回復に必要なたんぱく質をはじめ、健康に不可欠な栄養素が不足しやすくなります。チョコレートには多くの必須栄養素が含まれているため、食欲がないときでも気軽に栄養補給ができます。   夏バテ対策におすすめのチョコレートの摂取量 夏バテ対策としてチョコレートを食べるなら、効果的に摂取したいですよね。厚生労働省・農林水産省「食事バランスガイド」によると、菓子・嗜好飲料の目安量は1日200kcal程度とされています。これはダンデライオン・チョコレートのカカオ分70%のチョコレートバーで約25g、1/2枚程度になります。この量を目安に摂取すると良いでしょう。 また、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは摂取してから2-4時間程度で血液中から消失するといわれているため、一度に食べるのではなく、朝から数回に分けてこまめに摂取するのがおすすめです。ポリフェノールには抗酸化作用による美容効果も期待できるため、美肌の大敵である紫外線の強い夏にも摂取したい栄養素のひとつです。 ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーはカカオ分70%以上で、甘すぎないため暑くて甘いものを敬遠しがちな夏でも食べやすい味わいです。今年の夏はチョコレートで夏バテ対策してみてはいかがでしょうか?   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧  

  • 【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 チョコレートファクトリーツアー

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 チョコレートファクトリーツアー

    ダンデライオン・チョコレートのファクトリーを巡りながらチョコレートの作り方を学べるツアーを体験してみませんか?このツアーでは、カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を、テイスティングを交えながらご覧いただけます。   内容 ・チョコレートを一緒にテイスティングしながらチョコレートの製造工程について最初に説明します。・カカオ豆に実際に触れながら世界中から集められるチョコレートのストーリーについてお話しします。・カカオ豆からチョコレートになるまでの工程について、実際に使われている機械を見ながらお話しします。   こんな方におすすめです ・チョコレートの作り方について学んでみたい方 ・実際にカカオ豆に触れて、チョコレート作りの雰囲気を感じてみたい方・今後のチョコレートライフを豊かにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 チョコレートファクトリーツアー

    ダンデライオン・チョコレートのファクトリーを巡りながらチョコレートの作り方を学べるツアーを体験してみませんか?このツアーでは、カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を、テイスティングを交えながらご覧いただけます。   内容 ・チョコレートを一緒にテイスティングしながらチョコレートの製造工程について最初に説明します。・カカオ豆に実際に触れながら世界中から集められるチョコレートのストーリーについてお話しします。・カカオ豆からチョコレートになるまでの工程について、実際に使われている機械を見ながらお話しします。   こんな方におすすめです ・チョコレートの作り方について学んでみたい方 ・実際にカカオ豆に触れて、チョコレート作りの雰囲気を感じてみたい方・今後のチョコレートライフを豊かにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら

  • チョコレートは何歳から食べても大丈夫?気をつけると良いポイントも紹介

    チョコレートは何歳から食べても大丈夫?気をつけると良いポイントも紹介

    子どもから大人まで、幅広く愛されているチョコレート。最近では健康面でのメリットも期待できる食品ともいわれています。ただ、乳幼児(※)のおやつとしてチョコレートを食べてもいいものか、気になる親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは、チョコレートを何歳から食べても大丈夫なのか、その理由や気を付けたいポイントを紹介します。 ※乳幼児…児童福祉法では、乳児は生後0日~1歳未満、幼児は1歳から未就学児を指すため、この記事では0~5歳を乳幼児としています。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     チョコレートバーは3歳頃から食べ始めるのが望ましい 前提として、子どもがチョコレートを「何歳からなら食べても良い」という明確な基準はありません。しかし、乳幼児は消化器官が未発達なため、砂糖などを含む食品は負担が大きくなります。よって、少なくとも1歳半頃から、チョコレートを食べるほうが良いでしょう。 1歳半までであっても、チョコレートを少しなめる程度であれば問題ありません。また、1歳半~3歳までのあいだは、クッキーなどほかのお菓子に乗っている少量のチョコレートに留めておくと安心でしょう。そして、実際にチョコレートバー(板チョコレート)を食べるのは3歳以降を目安にすることをおすすめします。 子どもの味覚は3歳までに食べた物の影響を受けるため、乳幼児の頃に味の濃い食べ物を口にしていると、将来的に濃い味を好んだりする傾向にあるといわれています。子どもの味覚を養うためにも、味の濃い食品は、3歳頃までは控えることをおすすめします。   適量を守れば子どもにも健康面でのメリットが チョコレートは、適当な時期に適量を守って食べるのであれば、健康面におけるメリットも期待できる食品です。ここでは、チョコレートに含まれる代表的な栄養成分を見ていきましょう。   カカオポリフェノール カカオポリフェノールは、カカオ豆が主原材料のチョコレートに含まれる代表的な栄養成分。特徴的な働きとしては、免疫力のバランスを整え、免疫力・抵抗力を高める抗酸化作用があり、子どもに流行しやすい風邪、感染症の予防に役立ちます。他にも、悪玉コレステロールの低下、ストレス解消などの効果が期待できるでしょう。   ミネラル チョコレートには、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルも含まれています。ミネラルはビタミンなどと並ぶ五大栄養素のひとつ。血液や骨、歯など体づくりに欠かせない成分です。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     子どもが食べるチョコレートの目安量と気をつけたほうが良い点 それでは具体的に、子どもはどのくらいの量のチョコレートを食べても大丈夫なのでしょうか。   幼児はチョコレート1~3片程度にしよう 幼児(1~5歳)がおやつで食べるチョコレートは、1~3片(20~60Kcal前後)程度がおすすめです。一般的な幼児の間食の目安は、1日の総摂取カロリー量の10~15%とされています。幼児の1日の総摂取カロリー量は、1~2歳で約1,000kcal、3~5歳で約1,300kcalとされているので、間食の摂取カロリー量は1~2歳だと100~150kcal、3~5歳では130kcal~195kcalが目安となります。 1日に食べるおやつのカロリーを計算した上で、牛乳など他の間食を加味して、チョコレートを食べる量を1~3片程度にすると良いでしょう。  ...

    チョコレートは何歳から食べても大丈夫?気をつけると良いポイントも紹介

    子どもから大人まで、幅広く愛されているチョコレート。最近では健康面でのメリットも期待できる食品ともいわれています。ただ、乳幼児(※)のおやつとしてチョコレートを食べてもいいものか、気になる親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは、チョコレートを何歳から食べても大丈夫なのか、その理由や気を付けたいポイントを紹介します。 ※乳幼児…児童福祉法では、乳児は生後0日~1歳未満、幼児は1歳から未就学児を指すため、この記事では0~5歳を乳幼児としています。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     チョコレートバーは3歳頃から食べ始めるのが望ましい 前提として、子どもがチョコレートを「何歳からなら食べても良い」という明確な基準はありません。しかし、乳幼児は消化器官が未発達なため、砂糖などを含む食品は負担が大きくなります。よって、少なくとも1歳半頃から、チョコレートを食べるほうが良いでしょう。 1歳半までであっても、チョコレートを少しなめる程度であれば問題ありません。また、1歳半~3歳までのあいだは、クッキーなどほかのお菓子に乗っている少量のチョコレートに留めておくと安心でしょう。そして、実際にチョコレートバー(板チョコレート)を食べるのは3歳以降を目安にすることをおすすめします。 子どもの味覚は3歳までに食べた物の影響を受けるため、乳幼児の頃に味の濃い食べ物を口にしていると、将来的に濃い味を好んだりする傾向にあるといわれています。子どもの味覚を養うためにも、味の濃い食品は、3歳頃までは控えることをおすすめします。   適量を守れば子どもにも健康面でのメリットが チョコレートは、適当な時期に適量を守って食べるのであれば、健康面におけるメリットも期待できる食品です。ここでは、チョコレートに含まれる代表的な栄養成分を見ていきましょう。   カカオポリフェノール カカオポリフェノールは、カカオ豆が主原材料のチョコレートに含まれる代表的な栄養成分。特徴的な働きとしては、免疫力のバランスを整え、免疫力・抵抗力を高める抗酸化作用があり、子どもに流行しやすい風邪、感染症の予防に役立ちます。他にも、悪玉コレステロールの低下、ストレス解消などの効果が期待できるでしょう。   ミネラル チョコレートには、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルも含まれています。ミネラルはビタミンなどと並ぶ五大栄養素のひとつ。血液や骨、歯など体づくりに欠かせない成分です。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     子どもが食べるチョコレートの目安量と気をつけたほうが良い点 それでは具体的に、子どもはどのくらいの量のチョコレートを食べても大丈夫なのでしょうか。   幼児はチョコレート1~3片程度にしよう 幼児(1~5歳)がおやつで食べるチョコレートは、1~3片(20~60Kcal前後)程度がおすすめです。一般的な幼児の間食の目安は、1日の総摂取カロリー量の10~15%とされています。幼児の1日の総摂取カロリー量は、1~2歳で約1,000kcal、3~5歳で約1,300kcalとされているので、間食の摂取カロリー量は1~2歳だと100~150kcal、3~5歳では130kcal~195kcalが目安となります。 1日に食べるおやつのカロリーを計算した上で、牛乳など他の間食を加味して、チョコレートを食べる量を1~3片程度にすると良いでしょう。  ...

  • 【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 Chocolate 101

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 Chocolate 101

    ワークショップ「Chocolate 101」の内容をリニューアルし、再開いたします。 ダンデライオン・チョコレートの起源、サンフランシスコでも開催されている “Chocolate 101”。このクラスでは、みなさんの今後のチョコレートライフを広げていくために、一緒にチョコレートの原料に触れ味わっていきます。わたしたちおすすめのチョコレート入門編ワークショップです。   内容 ・Bean to Bar チョコレートがどのような材料から作られるのかを、一般的なチョコレートと比較しながら学んでいきます。・ダンデライオン・チョコレートを含むさまざまなチョコレートの食べ比べをしながら、チョコレートの味わいについてディスカッションします。・チョコレートの味わいをスタッフや参加者と共有しながら、チョコレートの楽しみ方を皆で深めていきます。   こんな方におすすめです ・Bean to Bar チョコレートに興味のある方・チョコレートの味わいの違いの理由を知りたい方・今後のチョコレートライフをもっと充実したものにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら  

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 Chocolate 101

    ワークショップ「Chocolate 101」の内容をリニューアルし、再開いたします。 ダンデライオン・チョコレートの起源、サンフランシスコでも開催されている “Chocolate 101”。このクラスでは、みなさんの今後のチョコレートライフを広げていくために、一緒にチョコレートの原料に触れ味わっていきます。わたしたちおすすめのチョコレート入門編ワークショップです。   内容 ・Bean to Bar チョコレートがどのような材料から作られるのかを、一般的なチョコレートと比較しながら学んでいきます。・ダンデライオン・チョコレートを含むさまざまなチョコレートの食べ比べをしながら、チョコレートの味わいについてディスカッションします。・チョコレートの味わいをスタッフや参加者と共有しながら、チョコレートの楽しみ方を皆で深めていきます。   こんな方におすすめです ・Bean to Bar チョコレートに興味のある方・チョコレートの味わいの違いの理由を知りたい方・今後のチョコレートライフをもっと充実したものにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら  

1 4