ONLINE STORE > CHRISTMAS COLLECTION

RECOMMEND

定番のギフトアイテム

ガトーショコラ

¥4,200

Bean to Barチョコレート専門店だから実現できた新境地の美味しさ。

華やかな酸味と芳しい香りが特徴のアナマライ, インド 70%を使った、舌の上で柔らかくほどける食感、驚くほど豊かなチョコレートフレーバーをお楽しみください。 

ご注文はこちら

ニブトフィーチョコレート

¥2,400〜

サクサクのバターキャラメルを、トロピカルフルーツのような明るく個性的なフレーバーを持つドミニカ共和国産カカオ70%の濃厚なチョコレートで包み込み、アクセントとして表面にカカオニブをトッピングしました。

ご注文はこちら
 

OUR DAYS

日々の出来事

  • 夏バテ予防・対策の食べ物にチョコレートがおすすめな理由

    夏バテ予防・対策の食べ物にチョコレートがおすすめな理由

    暑い夏を乗り越えるために、こまめな水分補給など暑さ対策をされている方も多いのではないでしょうか。実は、チョコレートは夏バテ予防に一役買ってくれる食べ物。ここでは、チョコレートが夏バテ対策に役立つ理由やおすすめの食べ方をご紹介します。   関連記事 疲労回復にチョコレートはなぜおすすめ?健康効果が期待できる食べ方 チョコレートは体にいい?期待できる効能と適切な摂取量   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧     夏バテの原因とチョコレートの効果 夏バテはどのような理由で起きてしまい、それに対してチョコレートにはどのような効果があるのでしょうか?   気温差による自律神経の乱れをテオブロミンが改善 外は蒸し暑く室内はエアコンが効いていて気温差が激しい夏。体温調整が難しくなると、自律神経の働きが低下して疲れやすくなるなど体調を崩してしまいます。チョコレートに含まれるテオブロミンには、自律神経を整えたり、心身をリラックスさせたりする効果があります。   不足しやすいミネラルを補い、だるさや熱中症予防にも 夏は大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが失われて代謝や免疫力が低下し、体がだるくなりがちに。カカオにはカリウムやマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているため、摂取することでミネラル不足を補うことができます。   食欲不振による栄養素不足を改善 暑い日が続くとさっぱりしたものや喉越しの良いものを選んでしまい、筋力や疲労回復に必要なたんぱく質をはじめ、健康に不可欠な栄養素が不足しやすくなります。チョコレートには多くの必須栄養素が含まれているため、食欲がないときでも気軽に栄養補給ができます。   夏バテ対策におすすめのチョコレートの摂取量 夏バテ対策としてチョコレートを食べるなら、効果的に摂取したいですよね。厚生労働省・農林水産省「食事バランスガイド」によると、菓子・嗜好飲料の目安量は1日200kcal程度とされています。これはダンデライオン・チョコレートのカカオ分70%のチョコレートバーで約25g、1/2枚程度になります。この量を目安に摂取すると良いでしょう。 また、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは摂取してから2-4時間程度で血液中から消失するといわれているため、一度に食べるのではなく、朝から数回に分けてこまめに摂取するのがおすすめです。ポリフェノールには抗酸化作用による美容効果も期待できるため、美肌の大敵である紫外線の強い夏にも摂取したい栄養素のひとつです。 ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーはカカオ分70%以上で、甘すぎないため暑くて甘いものを敬遠しがちな夏でも食べやすい味わいです。今年の夏はチョコレートで夏バテ対策してみてはいかがでしょうか?   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧  

    夏バテ予防・対策の食べ物にチョコレートがおすすめな理由

    暑い夏を乗り越えるために、こまめな水分補給など暑さ対策をされている方も多いのではないでしょうか。実は、チョコレートは夏バテ予防に一役買ってくれる食べ物。ここでは、チョコレートが夏バテ対策に役立つ理由やおすすめの食べ方をご紹介します。   関連記事 疲労回復にチョコレートはなぜおすすめ?健康効果が期待できる食べ方 チョコレートは体にいい?期待できる効能と適切な摂取量   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧     夏バテの原因とチョコレートの効果 夏バテはどのような理由で起きてしまい、それに対してチョコレートにはどのような効果があるのでしょうか?   気温差による自律神経の乱れをテオブロミンが改善 外は蒸し暑く室内はエアコンが効いていて気温差が激しい夏。体温調整が難しくなると、自律神経の働きが低下して疲れやすくなるなど体調を崩してしまいます。チョコレートに含まれるテオブロミンには、自律神経を整えたり、心身をリラックスさせたりする効果があります。   不足しやすいミネラルを補い、だるさや熱中症予防にも 夏は大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが失われて代謝や免疫力が低下し、体がだるくなりがちに。カカオにはカリウムやマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているため、摂取することでミネラル不足を補うことができます。   食欲不振による栄養素不足を改善 暑い日が続くとさっぱりしたものや喉越しの良いものを選んでしまい、筋力や疲労回復に必要なたんぱく質をはじめ、健康に不可欠な栄養素が不足しやすくなります。チョコレートには多くの必須栄養素が含まれているため、食欲がないときでも気軽に栄養補給ができます。   夏バテ対策におすすめのチョコレートの摂取量 夏バテ対策としてチョコレートを食べるなら、効果的に摂取したいですよね。厚生労働省・農林水産省「食事バランスガイド」によると、菓子・嗜好飲料の目安量は1日200kcal程度とされています。これはダンデライオン・チョコレートのカカオ分70%のチョコレートバーで約25g、1/2枚程度になります。この量を目安に摂取すると良いでしょう。 また、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは摂取してから2-4時間程度で血液中から消失するといわれているため、一度に食べるのではなく、朝から数回に分けてこまめに摂取するのがおすすめです。ポリフェノールには抗酸化作用による美容効果も期待できるため、美肌の大敵である紫外線の強い夏にも摂取したい栄養素のひとつです。 ダンデライオン・チョコレートのチョコレートバーはカカオ分70%以上で、甘すぎないため暑くて甘いものを敬遠しがちな夏でも食べやすい味わいです。今年の夏はチョコレートで夏バテ対策してみてはいかがでしょうか?   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧  

  • 【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 チョコレートファクトリーツアー

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 チョコレートファクトリーツアー

    ダンデライオン・チョコレートのファクトリーを巡りながらチョコレートの作り方を学べるツアーを体験してみませんか?このツアーでは、カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を、テイスティングを交えながらご覧いただけます。   内容 ・チョコレートを一緒にテイスティングしながらチョコレートの製造工程について最初に説明します。・カカオ豆に実際に触れながら世界中から集められるチョコレートのストーリーについてお話しします。・カカオ豆からチョコレートになるまでの工程について、実際に使われている機械を見ながらお話しします。   こんな方におすすめです ・チョコレートの作り方について学んでみたい方 ・実際にカカオ豆に触れて、チョコレート作りの雰囲気を感じてみたい方・今後のチョコレートライフを豊かにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 チョコレートファクトリーツアー

    ダンデライオン・チョコレートのファクトリーを巡りながらチョコレートの作り方を学べるツアーを体験してみませんか?このツアーでは、カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を、テイスティングを交えながらご覧いただけます。   内容 ・チョコレートを一緒にテイスティングしながらチョコレートの製造工程について最初に説明します。・カカオ豆に実際に触れながら世界中から集められるチョコレートのストーリーについてお話しします。・カカオ豆からチョコレートになるまでの工程について、実際に使われている機械を見ながらお話しします。   こんな方におすすめです ・チョコレートの作り方について学んでみたい方 ・実際にカカオ豆に触れて、チョコレート作りの雰囲気を感じてみたい方・今後のチョコレートライフを豊かにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら

  • チョコレートは何歳から食べても大丈夫?気をつけると良いポイントも紹介

    チョコレートは何歳から食べても大丈夫?気をつけると良いポイントも紹介

    子どもから大人まで、幅広く愛されているチョコレート。最近では健康面でのメリットも期待できる食品ともいわれています。ただ、乳幼児(※)のおやつとしてチョコレートを食べてもいいものか、気になる親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは、チョコレートを何歳から食べても大丈夫なのか、その理由や気を付けたいポイントを紹介します。 ※乳幼児…児童福祉法では、乳児は生後0日~1歳未満、幼児は1歳から未就学児を指すため、この記事では0~5歳を乳幼児としています。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     チョコレートバーは3歳頃から食べ始めるのが望ましい 前提として、子どもがチョコレートを「何歳からなら食べても良い」という明確な基準はありません。しかし、乳幼児は消化器官が未発達なため、砂糖などを含む食品は負担が大きくなります。よって、少なくとも1歳半頃から、チョコレートを食べるほうが良いでしょう。 1歳半までであっても、チョコレートを少しなめる程度であれば問題ありません。また、1歳半~3歳までのあいだは、クッキーなどほかのお菓子に乗っている少量のチョコレートに留めておくと安心でしょう。そして、実際にチョコレートバー(板チョコレート)を食べるのは3歳以降を目安にすることをおすすめします。 子どもの味覚は3歳までに食べた物の影響を受けるため、乳幼児の頃に味の濃い食べ物を口にしていると、将来的に濃い味を好んだりする傾向にあるといわれています。子どもの味覚を養うためにも、味の濃い食品は、3歳頃までは控えることをおすすめします。   適量を守れば子どもにも健康面でのメリットが チョコレートは、適当な時期に適量を守って食べるのであれば、健康面におけるメリットも期待できる食品です。ここでは、チョコレートに含まれる代表的な栄養成分を見ていきましょう。   カカオポリフェノール カカオポリフェノールは、カカオ豆が主原材料のチョコレートに含まれる代表的な栄養成分。特徴的な働きとしては、免疫力のバランスを整え、免疫力・抵抗力を高める抗酸化作用があり、子どもに流行しやすい風邪、感染症の予防に役立ちます。他にも、悪玉コレステロールの低下、ストレス解消などの効果が期待できるでしょう。   ミネラル チョコレートには、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルも含まれています。ミネラルはビタミンなどと並ぶ五大栄養素のひとつ。血液や骨、歯など体づくりに欠かせない成分です。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     子どもが食べるチョコレートの目安量と気をつけたほうが良い点 それでは具体的に、子どもはどのくらいの量のチョコレートを食べても大丈夫なのでしょうか。   幼児はチョコレート1~3片程度にしよう 幼児(1~5歳)がおやつで食べるチョコレートは、1~3片(20~60Kcal前後)程度がおすすめです。一般的な幼児の間食の目安は、1日の総摂取カロリー量の10~15%とされています。幼児の1日の総摂取カロリー量は、1~2歳で約1,000kcal、3~5歳で約1,300kcalとされているので、間食の摂取カロリー量は1~2歳だと100~150kcal、3~5歳では130kcal~195kcalが目安となります。 1日に食べるおやつのカロリーを計算した上で、牛乳など他の間食を加味して、チョコレートを食べる量を1~3片程度にすると良いでしょう。  ...

    チョコレートは何歳から食べても大丈夫?気をつけると良いポイントも紹介

    子どもから大人まで、幅広く愛されているチョコレート。最近では健康面でのメリットも期待できる食品ともいわれています。ただ、乳幼児(※)のおやつとしてチョコレートを食べてもいいものか、気になる親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは、チョコレートを何歳から食べても大丈夫なのか、その理由や気を付けたいポイントを紹介します。 ※乳幼児…児童福祉法では、乳児は生後0日~1歳未満、幼児は1歳から未就学児を指すため、この記事では0~5歳を乳幼児としています。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     チョコレートバーは3歳頃から食べ始めるのが望ましい 前提として、子どもがチョコレートを「何歳からなら食べても良い」という明確な基準はありません。しかし、乳幼児は消化器官が未発達なため、砂糖などを含む食品は負担が大きくなります。よって、少なくとも1歳半頃から、チョコレートを食べるほうが良いでしょう。 1歳半までであっても、チョコレートを少しなめる程度であれば問題ありません。また、1歳半~3歳までのあいだは、クッキーなどほかのお菓子に乗っている少量のチョコレートに留めておくと安心でしょう。そして、実際にチョコレートバー(板チョコレート)を食べるのは3歳以降を目安にすることをおすすめします。 子どもの味覚は3歳までに食べた物の影響を受けるため、乳幼児の頃に味の濃い食べ物を口にしていると、将来的に濃い味を好んだりする傾向にあるといわれています。子どもの味覚を養うためにも、味の濃い食品は、3歳頃までは控えることをおすすめします。   適量を守れば子どもにも健康面でのメリットが チョコレートは、適当な時期に適量を守って食べるのであれば、健康面におけるメリットも期待できる食品です。ここでは、チョコレートに含まれる代表的な栄養成分を見ていきましょう。   カカオポリフェノール カカオポリフェノールは、カカオ豆が主原材料のチョコレートに含まれる代表的な栄養成分。特徴的な働きとしては、免疫力のバランスを整え、免疫力・抵抗力を高める抗酸化作用があり、子どもに流行しやすい風邪、感染症の予防に役立ちます。他にも、悪玉コレステロールの低下、ストレス解消などの効果が期待できるでしょう。   ミネラル チョコレートには、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルも含まれています。ミネラルはビタミンなどと並ぶ五大栄養素のひとつ。血液や骨、歯など体づくりに欠かせない成分です。   ダンデライオン・チョコレートの商品一覧はこちら     子どもが食べるチョコレートの目安量と気をつけたほうが良い点 それでは具体的に、子どもはどのくらいの量のチョコレートを食べても大丈夫なのでしょうか。   幼児はチョコレート1~3片程度にしよう 幼児(1~5歳)がおやつで食べるチョコレートは、1~3片(20~60Kcal前後)程度がおすすめです。一般的な幼児の間食の目安は、1日の総摂取カロリー量の10~15%とされています。幼児の1日の総摂取カロリー量は、1~2歳で約1,000kcal、3~5歳で約1,300kcalとされているので、間食の摂取カロリー量は1~2歳だと100~150kcal、3~5歳では130kcal~195kcalが目安となります。 1日に食べるおやつのカロリーを計算した上で、牛乳など他の間食を加味して、チョコレートを食べる量を1~3片程度にすると良いでしょう。  ...

  • 【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 Chocolate 101

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 Chocolate 101

    ワークショップ「Chocolate 101」の内容をリニューアルし、再開いたします。 ダンデライオン・チョコレートの起源、サンフランシスコでも開催されている “Chocolate 101”。このクラスでは、みなさんの今後のチョコレートライフを広げていくために、一緒にチョコレートの原料に触れ味わっていきます。わたしたちおすすめのチョコレート入門編ワークショップです。   内容 ・Bean to Bar チョコレートがどのような材料から作られるのかを、一般的なチョコレートと比較しながら学んでいきます。・ダンデライオン・チョコレートを含むさまざまなチョコレートの食べ比べをしながら、チョコレートの味わいについてディスカッションします。・チョコレートの味わいをスタッフや参加者と共有しながら、チョコレートの楽しみ方を皆で深めていきます。   こんな方におすすめです ・Bean to Bar チョコレートに興味のある方・チョコレートの味わいの違いの理由を知りたい方・今後のチョコレートライフをもっと充実したものにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら  

    【ワークショップ開催のお知らせ】ファクトリー&カフェ蔵前 Chocolate 101

    ワークショップ「Chocolate 101」の内容をリニューアルし、再開いたします。 ダンデライオン・チョコレートの起源、サンフランシスコでも開催されている “Chocolate 101”。このクラスでは、みなさんの今後のチョコレートライフを広げていくために、一緒にチョコレートの原料に触れ味わっていきます。わたしたちおすすめのチョコレート入門編ワークショップです。   内容 ・Bean to Bar チョコレートがどのような材料から作られるのかを、一般的なチョコレートと比較しながら学んでいきます。・ダンデライオン・チョコレートを含むさまざまなチョコレートの食べ比べをしながら、チョコレートの味わいについてディスカッションします。・チョコレートの味わいをスタッフや参加者と共有しながら、チョコレートの楽しみ方を皆で深めていきます。   こんな方におすすめです ・Bean to Bar チョコレートに興味のある方・チョコレートの味わいの違いの理由を知りたい方・今後のチョコレートライフをもっと充実したものにしたい方   その他の詳細・お申し込みはこちら  

1 4