ホールセールレポート vol.3「クアットロ パンキーネ」

ダンデライオン・チョコレートでは、企業さま向けにカカオ豆やチョコレートのWholesale(卸販売)を行っております。毎月、Bean to Bar メーカーはもちろん、カフェやお菓子屋さんなど様々なお客さまにニブやグラウンドチョコレートをお送りしています。
「ホールセールレポート」は、わたしたちの商品をどのようなお店(企業)にどう使っていただいているのかを、お伝えするシリーズとなっております。

今回ご紹介するお客さまは、藤が丘駅(神奈川県 青葉区)にある「クアットロ パンキーネ」です。
クアットロ パンキーネは、イタリア シチリア島で開かれる世界最大の「Sherbeth Festibal」というジェラートのコンテストで受賞経験があるオーナーの磯部シェフが、厳選した"天然素材"にこだわって作るジェラート屋さんです。
こちらのジェラートは、乳化剤や着色料などを使用していないため、素材の味をしっかりと感じていただくことができます。


取引が始まったきっかけは、2019年12月。磯部シェフが、ファクトリー&カフェ蔵前まではるばるお越しになり、「グラウンドチョコレートが欲しいです!」とその場でサンプルをお持ち帰りされました。

これまでは他社のチョコレートをご使用していたそうですが、乳化剤などを使用していないことからダンデライオン・チョコレートに興味を持ってくださったそうです。さまざまな産地をお試しいただき、口に入れた瞬間の奥行きのある味わい、ほのかな酸味とキレのあるカカオ感が感じられ「クアットロ パンキーネ」のジェラートと相性の良い「ココア・カミリ, タンザニア」のグラウンドチョコレートとカカオニブをご採用いただきました。


「磯部シェフのこだわりのジェラートをぜひ食べたい!」と、さっそくお店におうかがいしました。


タンザニア産のカカオを使用したジェラートはなめらかな口当たりでとても濃厚。
1口食べると口いっぱいにチョコレートの豊かな味わいが広がります。「これはタンザニア産のカカオのフレーバーだ!」とわかるほど、素材の風味が引き出されていました。


ジェラート以外にビスコッティジェラートにも、わたしたちのチョコレートが使われています。
コロンとした可愛いらしいビスコッティの側面には グラウンドチョコレートとニブが贅沢にまぶされています。チョコレート自体甘すぎず、しつこさがないので、何個でもペロリと食べられてしまいそうです。

それにしても、クッキー、アイス、チョコレートの相性は抜群ですね。


グラウンドチョコレートは、通常ドリンクや焼き菓子などに使用される企業さまが多いため、ジェラートに使用いただくケースは少なく、とても新鮮でした。
また、ダンデライオン・チョコレートらしさ(カカオ豆の風味を生かしたチョコレート)が感じられる製品に仕上げていただき、大変光栄です


お店では ジェラートだけでなく、コーヒーやアルコールなどのドリンク類、キッシュやピザなどの軽食も販売されていて、まるでイタリアのバールに入ったかのような気分になりました。お店やスタッフさんの雰囲気があたたかく、思わず長居をしたくなってしまう素敵な空間です。

今回ご紹介したクアットロ パンキーネのジェラートはオンラインショップでもご購入可能です。お家で、ジェラートを食べて少しでも幸せな気持ちになっていただけら幸いです。状況が落ち着きましたらぜひ、藤が丘の店舗へジェラートを食べに行ってみてください。

ダンデライオン・チョコレートのWholesaleに興味をお持ちの方は、まずは「KITCHEN BROTHERS」へご登録ください。

Text by Kaeko

■SHOP info
クアットロ パンキーネ
営業時間 11:00~19:00(夏季)・11:00~18:00(冬季)
住所 〒227-0048 神奈川県横浜市青葉区柿の木台13-3
電話番号 045-299-2760


ホールセールレポート vol.1「松崎煎餅」
ホールセールレポート vol.2「亀屋良長」


前の記事 次の記事