OUR DAYS日々のできごと

29 MARCH 2019

サンフランシスコ / フェリービルディング店

現在、ダンデライオン・チョコレートはアメリカのサンフランシスコ内に2つの店舗を構えています。1つは、サンフランシスコのミッション地区にある第1号店「ファクトリー&カフェ」。こちらはファクトリー&カフェ蔵前 同様、ファクトリーにカフェが併設された店舗です。
そしてもう1つは、地産地消やオーガニック食材にこだわったお店が立ち並ぶフェリービルディングにあるスタンド式のカフェ「フェリービルディング」。

今日は、ダンデライオン・チョコレートのTomoが、フェリービルディングのお店に訪れた際のレポートをご紹介します。





“サンフランシスコ湾を走るフェリーボートは移動手段として使われています。思ったより便利な上に、30分程の海上移動は小旅行気分を手軽に味あわてくれます。今回ご紹介するのは、そのゲートウエイとなるサンフランシスコ フェリービルディングとそこにあるダンデライオン・チョコレートのお店です。

フェリービルディングは、サンフランシスコのビジネス街であるフィナンシャルディストリクトの目の前にあります。
平日は通勤で利用する地元の人と観光で訪れる人で溢れていてとても活気のある場所です。フィナンシャルディストリクトからランチで訪れる人も多く、平日使いと観光が重なり合う楽しいところです。




なぜこんな場所ができたのかなあと前から思っていたので、フェリービルディングのお店のスタッフであるカトリーナと一緒に学ぶことにしました。
(このビルの入り口に歴史を教えてくれる写真と資料が展示されています)


カトリーナ(左)


ゴールデンゲートブリッジとベイブリッジがなかった頃は、船が一番の交通手段でした。そんな中で、フェリービルディングは輸送のハブとして機能し、船とケーブルカー、馬車をつなぐ場所として、一時は全米で最も混雑し、世界で2番目の輸送量を誇ったこともあるそうです。
その後、橋ができ自動車の時代が登場して、フェリービルディングの目の前にフリーウエイが敷設され、往時の面影が全く失われてしまう時代が来ます。その当時の資料には、「廃墟同然だった」という記述もあります。
そして、1989年。この地域を襲った地震が大きく状況を変化させます。多くのインフラが失われたサンフランシスコ市は目の前にあったフリーウエイを撤去することを決めます。
1991年に完全撤去されたあと、放逐されていたビルは大きな改装がなされます。1階をマーケットプレイス、2階をオフィススペースとする今の姿を核とし、イーストベイ、マリンカウンティなど対岸の町との間で定期的に運行されるフェリーが再整備され、再び人が集まる場所として生まれ変わっていきます。

灯台下暗し。この歴史を学ぶだけでも感動ものです(笑)。




そして、ダンデライオン・チョコレートはこの歴史あるフェリービルディングに店を構えています。フェリービルディングに出店することはわたしたちにとってとても大切な意味があリます。
一つは、このマーケットプレースに出店できるということは、サンフランシスコベイエリアを代表するお店として地元の人たちに認められたのだという自負です。地元で作られ愛されるチーズやワイン、コーヒー、ビールなど様々なものがマーケットプレースにはあります。また隔日で開かれるファーマーズマーケットもあり、サンフランシスコのフードカルチャーを象徴する場所です。そんな場所に出店できる幸せ。大変な名誉です。
もう一つは、この場所が地元の人と観光客が行き交うとてもオーガニックな場所だということ。日常的に愛用してくださるお客さまには気軽に買ってもらえる場所であり、全米そして世界中からサンフランシスコを訪れる皆さまには手にとって確かめてもらうとても良い機会です。


現在の店舗


最初は場所がなくて、フェリービルディングの外側にある一角で始めたのですが、昨年、ビルの中に場所を移し、リニューアルオープンしました。限られたスペースながら、バレンシアのお店ともコンセプトを合わせデザインされています。どことなしに、ファクトリー&カフェ蔵前や伊勢外宮前店、そして鎌倉店など他のお店との連続性を感じませんか?Puddleの加藤 匡毅さんというデザイナーさんにお願いして作られたこの空間には、ダンデライオン・チョコレートの掲げるサンフランシスコ的なコンセプトに、日本のテイストが加えられ、伝統と革新、こだわりと柔軟さ、などなどが散りばめられているのです。


以前(移動前)の店舗


カトリーナにこのお店がどんな風に楽しまれているのかを聞きました。
・ファーマーズマーケットのある日は、一服しようとホットチョコレートを飲んだり、チョコレートバーを買い求めに来られるお客さまで賑わっている。
・朝夜の時に通勤のお客さまがドリンクをお持ち帰りで買い求められる。
・日本など海外から来られた出張客の方々がお土産を探して来てくださり、中には「蔵前のお店にも行きました」と言ってくださるかたもいらっしゃる。
なのだそうです。




さらに彼女にこんな質問をしました。
「もし、ここでチョコレートを買ったらどんな飲み物と合わせるとフェリービルディングを楽しめるかなあ?」
カトリーナは、マーケットプレースの中に何件かあるワイン屋さんでグラスワインと一緒に楽しむのがお気に入りなんだとか。
色々な楽しみ方が手軽にできるフェリービルディング。旅の楽しみの一つにいかがですか?




さあ、かく言うわたしも、今日はフェリーでここに来て、インタビューをしました。これから、バート(地下鉄)に乗ってダンデライオン・チョコレート があるミッション地区に向かいます。
お店で、Say Helloしたら、友人と近くのお店にHangoutです! ”


Text by Tomo

FILTER

すべて お知らせ イベント ワークショップ チョコレート Bean to Bar 働くひと

NEWEST

ARCHIVES

PICK UP

  • 公式オンラインストア

    公式オンラインストア

  • 私たちと一緒に働きませんか

    私たちと一緒に働きませんか

  • 卸取引のご注文はこちらから

    卸取引のご注文はこちらから