バレンタインデーの起源とは?海外と異なる日本のバレンタイン事情

バレンタインデーと聞くと、「チョコレートを贈るイベント」のイメージが一般的でしょう。2月14日のバレンタインデーは世界的に知られていますが、恋人や友人へ贈る物でチョコレートが主役となるのは日本ならではの文化だといいます。
バレンタインの歴史はかなり古く、世界各国で2月14日の過ごし方もさまざまです。

ここでは、バレンタインデーの起源や、日本とは異なる海外のバレンタイン事情についてご紹介しましょう。

ダンデライオン・チョコレートの2021年バレンタインデーコレクション

ダンデライオン・チョコレートの
2021年バレンタインデーコレクション

バレンタインの起源

まずは、2月14日がバレンタインデーとして世界中で定着するようになるまでの流れを見ていきましょう。バレンタインデーの起源は、ローマ帝国時代までさかのぼります。

・「バレンタイン」は司祭ウァレンティヌスの名前に由来

かつてバレンタインデーは、西暦269年2月14日に処刑された、司祭ウァレンティヌス(あるいはヴァレンタイン)を祭る日だったといわれています。

当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、「若者が戦争へ行きたがらないのは、故郷に残る家族や恋人と離れたくないからだ」として、結婚を禁じていました。そのような状況の中、結婚もできないまま戦地へ送られる若者をかわいそうに思ったキリスト教司祭のウァレンティヌスは、若い兵士の結婚式を内緒でとり行っていたのです。

そのことを知った皇帝はウァレンティヌスを問いただし、二度と法に背かないよう命じます。しかし、ウァレンティヌスはそれにも従わなかったため、処刑されてしまいました。
その後、ウァレンティヌスは「聖バレンタイン」という聖人として、広く知られるようになったのです。

・バレンタインがイベントとなったのは14世紀頃

ウァレンティヌスが処刑されて以降、毎年2月14日はローマの国民がお祈りをする日となりました。
さらにその後、14世紀頃からは「バレンタインデー」として、恋愛に結びつけられるイベントがスタートしたといわれています。
現在もバレンタインデーは、恋人たちが愛を誓い合う日として、世界各地でさまざまな形で祝われているのです。

日本におけるバレンタイン

冒頭でもふれたように、バレンタインデーにチョコレートを贈る文化は、日本特有のもの。
海外でもバレンタインデーにチョコレートを贈ることはありますが、海外の場合はチョコレートに限らず、カードや花束、お菓子などを恋人や家族、友達に贈ります。チョコレートが主役となるのは、日本ならではです。

ダンデライオン・チョコレートの2021年バレンタインデーコレクション

ダンデライオン・チョコレートの
2021年バレンタインデーコレクション

・バレンタインにはチョコレートを…元々は広告!?

諸説ありますが、日本でバレンタインデーが認知されるようになったのは、1958年頃からだといわれています。都内の百貨店で開催されたバレンタインセールで、「バレンタインにはチョコレートをプレゼントしよう」という旨の広告やキャンペーンが展開されたことがきっかけ。

最近はチョコレートに限らず、クッキーやマカロンなどのお菓子や小物をプレゼントする人も増えていますが、やはりバレンタインで最も多く商品が展開されるのはチョコレートです。

・ホワイトデーも広告から生まれた日本独自の習慣

3月14日のホワイトデーは、「贈り物をもらったらお返しをする」という日本人ならではの習慣から生まれたイベント。全国のお菓子メーカーが、「チョコレートをもらったらマシュマロやクッキーをお返ししよう」というキャンペーンを展開したことでスタートしたといわれています。
日本で生まれたホワイトデーは、今は中国や台湾、韓国といったアジア圏にも広まっているようです。

海外のバレンタイン事情

ここまででもご紹介したように、バレンタインデーに行う習慣は、世界各国さまざまです。最後に、海外のバレンタイン事情をいくつかご紹介します。

・アメリカ合衆国

アメリカの場合は、日本とは反対に、男性から女性へ贈り物をするのが文化。定番の贈り物は花束やジュエリー、メッセージカードなどです。バレンタイン当日はディナーや演劇、ミュージカルなどを楽しむ恋人や夫婦が多く、街も賑わいます。

・フランス

フランスではバレンタインデーは恋人たちの日として定着しており、当日は恋人同士や夫婦同士で贈り物をして過ごします。
フランスの場合も男性から女性にプレゼントするのが一般的で、やはり花やカードが贈り物の定番です。

・イギリス

イギリスのバレンタインデーは一風変わっており、想いを寄せる人にひっそりと想いを伝える日とされています。当日は匿名のメッセージカードを贈り、カードを受け取った人が行動を起こします。
恋人や夫婦になった後は、男性から女性へ花やお菓子などの贈り物をするケースが多いようです。

・イタリア

イタリアでも、バレンタインデーは男性から女性へ贈り物をするのが主流です。バラの花が贈り物の定番で、ほかにもアクセサリーやジュエリーをプレゼントしたり、レストランで食事を楽しんだりします。
イタリアの場合、バレンタインをきっかけにプロポーズする男性も多いとのこと。

・ベルギー

ベルギーにおけるバレンタインデーは、日頃お世話になっている人に感謝を伝える日。恋人や夫婦でなくても、贈り物をする日となっています。
ベルギーでも男性から女性へプレゼントするのが一般的ですが、贈り物は花や衣類、香水などさまざま。高級レストランで食事をする人も多く、この時期のレストランは予約がいっぱいになるそうです。

現在のバレンタインデーは贈り物も過ごし方も多彩に

バレンタインの起源は、司祭が処刑された日であることに驚かれたかもしれませんが、その後の長い歴史の中で、さまざまな形でバレンタインの文化が根づいていったようです。

海外のバレンタインデーのように、想いを寄せる人や恋人に限らず、友達や日頃からお世話になっている人に感謝を伝えるためにチョコレートを贈ってみてはいかがでしょうか?

ダンデライオン・チョコレートの2021年バレンタインデーコレクション

ダンデライオン・チョコレートの
2021年バレンタインデーコレクション


前の記事 次の記事