ホールセールレポート vol.2「亀屋良長」

ダンデライオン・チョコレートでは、企業さま向けにカカオ豆やチョコレートのWholesale(卸販売)を行っております。毎月、Bean to Bar メーカーはもちろん、カフェやお菓子屋さんなど様々なお客さまにニブやグラウンドチョコレートをお送りしています。
「ホールセールレポート」は、わたしたちの商品をどのようなお店(企業)にどう使っていただいているのかを、お伝えするシリーズとなっております。


亀屋良長は、江戸時代の享和3年、京菓子の名門と謳われた菓子司・亀屋良安さんから暖簾分けするかたちで京都・四条醒ヶ井にて創業した 京都で八代続く老舗の和菓子屋さんです。SO-SU-U和三盆や烏羽玉CACAOなど、わたしたちとのコラボ商品を作ってくださっています。

4月14日(火)に、そんな亀屋良長から、新商品「
そんなバナナ、」が発売されました。
*こちらの商品は亀屋良長の店頭およびウェブサイトのみでの販売となります。


「そんなバナナ、」は、バナナ羊羹の上に 波照間島産の黒糖と、わたしたちのタンザニア産カカオ豆を使用したグラウンドチョコレートで作ったカカオ羊羹をかけた、チョコバナナ風の羊羹です。上にはくるみやマカデミアナッツ、甘納豆、沖縄の塩と一緒にカカオニブもトッピングされています。


ひと口食べた瞬間にバナナのトロピカル感やフルーティーさがグッと感じられ、その後だんだんとチョコレートの酸味やあずきの濃厚さが口の中に広がってきました。"チョコバナナ風"ではありますが、カカオとバナナのバランスがとても良いためくどすぎず、さっぱりとした羊羹に仕上がっています。

ぎっしりとバナナでいっぱいのパッケージや、まるでチョコレートをとろ〜りと たらしたかのようなカカオ羊羹のとろけ具合、すべてがとてもかわいく、見惚れてしまいます。


「そんなバナナ、」という商品名は、「笑う」ことも免疫力アップに効果的ということから、思わずクスッと笑ってしまうような菓名にしたそうです。
最近はニュースをみていると、沈んでしまうことも多いのですが、亀屋良長の新商品発売のお知らせに心が弾み、「そんなバナナ、」という商品名にもほっこりと和みました。


こちらは期間限定の商品です。
販売期間につきましては亀屋良長のWEBサイトにてご確認ください。

まだまだご自宅で過ごす時間が続くかと思いますが、少しでも楽しく、美味しいものを食べて、みなさまと一緒にこの状況を乗り越えられることを心より願っております。

ダンデライオン・チョコレートのWholesaleに興味をお持ちの方は、まずは「KITCHEN BROTHERS」へご登録ください。

Text by Kaeko ”

■SHOP info
亀屋良長 本店
営業時間 9:00~18:00(茶房 11:00~17:00) 年中無休(元旦、2日除く)
住所 〒600-8498 京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
電話番号 075-221-2005
*茶房は現在営業を休止しております。詳しい店舗情報につきましてはこちらをご確認ください


ホールセールレポート vol.1「松崎煎餅」


前の記事 次の記事