OUR DAYS日々のできごと

28 JUNE 2019

16th Street Factory が オープンしました! (後編)

後編では、改めて「Dandelion Chocolate 16th Street Factory ( 以下「16th Street Factory」 ) 」についてご紹介したいと思います。
前編はこちらをご覧ください。



「16th Street Factory」は、 「Dandelion Chocolate Factory & Cafe, San Francisco (第一号店:バレンシアストリートのお店)」から歩いて約15分。サンフランシスコのミッション地区でも北東に位置していて、隣のポトレロ・ヒルにほど近いところにあります。もともと倉庫街でしたが、現在はアーティストのアトリエや、個性的なお店、さらにはスタートアップ企業のオフィスが続々とできてきています。サンフランシスコが得意とするリノベーションエリアです。


もともと印刷工場だったこのビルは交差点の角地にあり、とても目立ちます。大きく描かれたロースターの絵がとてもキャッチーです。



それでは中に進みます。
スロープを上がり曲がると、お店への入り口があります。バレンシアのファクトリー&カフェと似たテイストを持ちながらも、より贅沢な空間の趣。窓が多く、陽の光がたくさん入ります。

このファクトリーは、地下がペストリーキッチン。2階はオフィススペース。そして、1階にはチョコレートファクトリー、カフェ、ショップ、ブルーム(サロン)、ワークショップスペースの複合施設となっています。




カフェはバレンシアのお店などに比べてバリスタの動く空間もゆったりとしています。エスプレッソマシンを使うスタッフの様子は写真映えしそうです。
定番のホットチョコレートドリンクやコーヒーなど、ファクトリー&カフェ サンフランシスコのメニューもご注文いただけます。通り沿いに面しているので、お仕事や観光のついでに気軽に立ち寄りやすかと思います。


カウンターを振り返ると、わたしたちの代名詞でもあるチョコレートバー、ホットチョコレートミックス、カカオニブ、そしてFEVE との 「Chocolate-Covered Almonds 」やNUUBIAとの「Nuubia Origin Collection Box」などさまざまなコラボ商品などが並んでいます。







そしてなんとChocolate Maker Kitまで。
Chocolate Maker Kitには、道具、材料、レシピなどチョコレートを作るために必要最低限の品が詰め込まれています(メランジャーは含まれておりません)。
チョコレートの作り方についてさらに知りたい方は、チョコレートやカカオの本もおすすめです。(もちろん、公式書籍 Making Chocolate(日本語版「ダンデライオンのチョコレート」もご用意しています!)





そしてカフェの隣にあるガラス張りのスペースが、“Bloom(ブルーム)”と呼ばれる場所です。パリのティーサロンのようなきらびやかな作り。美しい真鍮の壁、日当たりの良い大きな窓、ベルベットの椅子が並びます。

こちらは、チョコレートやカカオの味わいをゆったり、じっくりとと味わってもらおうと考えて作られたそうです。コース、アラカルトどちらも体験することができ、朝食メニューやアフタヌーンティーも体験していただくことができます。

Bloomのご予約はこちら







Bloomのさらに向こう側には、明るい黄色をした大きなロースターとたくさんのメランジャーが並んでいるのが見えます。こちらはチョコレートを作る工房であり、ファクトリーを訪れた人たちが、カカオ豆からチョコレートがどうやってできるのかを知ることのできる見学スペースでもあります。



タイミングが良ければ、奥にあるビーンルームからパイプを介してカカオ豆が運ばれ、ロースターに投入されている様子が見られます。



横にズラーッと並んでいるのはドラム缶のような形をしているメランジャー(摩砕)。ファクトリー&カフェ蔵前にあるのは4台ですが、こちらは9台もあります。これだけの数が一斉に回っていると壮観です。




メランジャーを横目に進んでいくと、奥には雛壇のレクチャースペースがあり、こちらでチョコレートメーカーたちがつくっているところをゆっくり眺めることができます。
「16th Street Factory」では月間で20万枚のチョコレートを作るのが目標だとか。ファクトリー&カフェ蔵前では現在月に4千枚を製造しているので、その量からも今後の期待の大きさを優に想像できるかと思います。


ここまで、ご紹介させていただいた場所はいつでもどなたでも訪れることができます。その先は、ファクトリーツアーなどにご参加頂けたら、インストラクターと一緒に見学することができます。



「 16th Street Factory」には新しいワークショップスペースも用意されています。日本でもおなじみのファクトリーツアー(ただし巨大!)やChocolate 101、Chocolate 201、キッズクラスは言うまでもなく、ダンデライオン・チョコレート唯一のソーシング担当グレッグ・ダレサンドレがインストラクターを務めるクラスなども新設されるようです。
今後は、より多くの人に参加しいただけるようどんどん新しいワークショップも企画しているので、楽しみにしていてください。

ワークショップのスケジュールはこちら


オープンしたばかりのファクトリーでは、これまでスペースや規模の問題でできなかった催しや試みをどんどん実践していきます。今回のレポートでご紹介した Bloom もその一つで、5月14日(火)から本格的に営業を開始しています。


ファクトリー&カフェ蔵前のペストリースタッフ清水さん(左)
関西エリア ペストリーシェフの森本さん(右)


出来上がったばかりのファクトリーで、日本から2人の腕利きペストリースタッフが新たなレシピを日本に持ち帰るべく奮闘中。「サンフランシスコには、なかなか行けない」という日本にお住いのみなさま、楽しみにお待ちください !


サンフランシスコ中の期待を集める「 16th Street Factory」はオープンしたばかり。
サンフランシスコに訪れた際は、この巨大ファクトリーをぜひ体感してみてください!


Text by Tomo & Seri

FILTER

すべて お知らせ イベント ワークショップ チョコレート Bean to Bar 働くひと

NEWEST

ARCHIVES

PICK UP

  • 公式オンラインストア

    公式オンラインストア

  • 私たちと一緒に働きませんか

    私たちと一緒に働きませんか

  • 卸取引のご注文はこちらから

    卸取引のご注文はこちらから