Friday

09

Dec. 2016

【インタビュー】チョコレート・プロダクション トレバー・ファスト

【インタビュー】チョコレート・プロダクション トレバー・ファスト

11月より販売開始した2種類の蔵前製チョコレートバーに続き、明日12月10日(土)からいよいよ初の70%バー「Maya Mountain, Belize(マヤ・マウンテン, ベリーズ)70%」を販売します。

このバーのプロファイルを行い、開発したのは6月にサンフランシスコのダンデライオン・チョコレートから蔵前にやってきたトレバー・ファストです。今回はトレバーさんがダンデライオンやBean to Barのクラフトチョコレートの世界に関わることになった経緯や、大好きなチョコレート、そして日本への思いを語っていただきました。

 

qa1

 

Q:サンフランシスコのダンデライオン・チョコレートに入ったきっかけはなんですか?

 

トレバー:カリフォルニア州立工科大学で一緒にフードサイエンスを学んでいた友人から、卒業2か月前ぐらいにサンフランシスコ・ベイエリアの飲食系求人サイトを教えてもらいました。僕は大学内の小さなプロダクションでチョコレートづくりをしていた経験があり、サンフランシスコ周辺にどんなチョコレートの店があるのか検索してみて一番上にあったのがダンデライオン・チョコレートだったんです。ここで働きたいと思って応募したのですが、その時はすぐに働ける人が必要とのことで、まだ学生だったため辞退しました。卒業後1か月ほどたった時に再びダンデライオンから、仕事の空きができたと連絡がきて、喜んで面接にいきました。そこでクラフトチョコレートの世界について深く知ってますます興味を持ったので、採用の知らせをもらったときは本当に嬉しかったです。

 

 

Q:なぜ蔵前のダンデライオンに来ることにしたのですか?

 

トレバー:日本が好きで、日本に住んでみたかったんです。僕は日系アメリカ人の4世で、家族と旅行で何度も来ていたので、いつも自分のルーツである日本にはとても興味を持っていました。それでダンデライオンが日本に店をオープンすると聞いたときには自分も関わりたいとマネージャーに言って、1年以上アピールし続けました。

 

 

Q:日本の生活はどうですか?

 

トレバー:日本での生活は思った通り最高です。やりたい事がたくさんあるし、電車で東京のどこへでも行けて、食べ物はおいしくて、人々はフレンドリーで、しかもすごく清潔ですね!いろいろな飲食店に行ってみたり、職場の人とカラオケに行ったりして本当に楽しいです。

 

 

Q:日本でチョコレートバーをつくるにあたり、大変だったことは?

 

トレバー:サンフランシスコで一度バーを開発したことはありますが、機械や味のフィードバックも違う中で二つ目のバーをつくるのは大変ながら面白かったです。同じ仕様に作られた機械でもやはり既存のものの改良品ですし、アメリカにあるものとは容量も違うので、試作の量を増やすのなどは難しかったです。

 

 

Q:ベリーズのマヤ・マウンテンのカカオを選んだ理由はなんですか?

 

トレバー:僕がサンフランシスコのダンデライオンに入った時はマヤ・マウンテンのバーが売られていましたが、数か月後カカオの供給がなくなって以来製造されていませんでした。今回の新しい収穫分でこのマヤ・マウンテンのカカオが持つ様々なフレーバーをもっと探求したいと思いました。

 

 

Q:どのようなチョコレートバーを目指しましたか?

 

トレバー:最初のテストをした時にストロベリーのフレーバーを感じたので、それをもっと強調したいと思いました。フルーティーなベリーのフレーバーは他のチョコレートにもありましたが、ここまで強くストロベリーの味がするのは初めてでした。ストロベリー大好きなので嬉しい驚きです。

 

 

Q:トレバーさんがプロファイルしたベネズエラのバーも現在販売中です。同じプロファイラーのバーが同時に店頭に並ぶ事はあまりないようですが、どのような気持ですか?

 

トレバー:二度もチョコレートバーのプロファイルをする機会をもらえてとてもありがたいと思っています。マヤ・マウンテンを作っているときに、自分のバーが2つも店に並ぶことになったら最高だろうなと考えたことはありますが、こんなに早い時期に完成できたおかげでタイミングもあい嬉しいです。マヤ・マウンテンの出来にはとても満足していますし、みなさんにも好きになっていただけるといいなと思っています。

 

 

Q:Maya Mountain, Belize 70%のおすすめの食べ方はありますか?

 

トレバー:特にこういう風に食べて欲しいというのはなくて、いつでもどんなときにも、どんなシチュエーションでも食べていただけるバーだと思います。

 

qa2

 

 

Q:仕事で一番面白いのはなんですか?

 

トレバー:チョコレート、コーヒーにペストリーと毎日のように試食できることと、職場の人と笑い合いながら仕事できるのがとても楽しいです。

 

Q:チョコレートバーを食べてくださるお客様に一言お願いします。

 

トレバー:いつも応援ありがとうございます。みなさんにも私と同じくらいマヤ・マウンテンを気に入っていただけるよう願っています。

 

クリスマスシーズンにぴったりの甘くて、優しい、ストロベリーのフレーバーが香るチョコレートバーの販売はいよいよ明日。身近な人へのプレゼントや今年一年頑張ったご自分へのご褒美にぜひご検討ください。